不動産条項 鶴亀ホーム泉南市

契約の締結時の注意事項と確認項目

不動産業者が受け取れる項目並びに報酬額は、例仲介手数料3%+6万円。その他の報酬額は報酬額表の記載があります。基本的に事務手数料は違反行為になります。請求できるのは謄本、公図、測量図面、建物配置図等になります。不動産業者が受け取れる報酬額と報酬科目の記載がされた報酬額表が有ります。
境界 の明示義務が有ります。

契約事項で契約金額の5%、10%セント、又は1000万円を超える時は保全処置が必要です。
建築確認で完了検査を受けていない又は新築建設の時に完了検査を受けない物件が有ります。建築確認の完了検査を受けているかの確認を必ずする必要があります。 説明義務があります。
賃貸契約で双方に仲介手数料を請求する時は前もっての双方の承諾が必要です。
賃貸契約で広告料を請求する時は前もってのオーナーの承諾が必要です。

賃貸契約で日常生活で生じる傷や汚れの修繕費用は家賃に含まれるので基本的に請求できません、費用を請求する時は契約時に特約条項に記載して借主に説明して合意を得る必要が有り明渡し時に確認作業が必要です。常識範囲を離脱した請求は違反行為になります。自然災害で生じた物は請求できません。賃貸契約で広告料を請求する時は前もってのオーナーの承諾が必要です、賃貸契約で双方に仲介手数料を請求する時は前もっての双方の承諾が必要です、事故物件の報告義務が有ります。契約事項に関する告知義務が有ります。詳しくは、https://kktsurukame.com

不動産業者の売買取引契約と賃貸契約は自社の利益率が多い物件を優先的に進める業者が多いです。津波被害、浸水地域、液状化現象、崖崩れ、地滑り地域、切土、盛土、田んぼ、畑等の造成宅地、川の堤防、池、海に近い地域、線路と高架道路等に面している所その他は自然災害と事故に注意が必要です。

過去に浸水被害と津波被害と崖崩れ、液状化現象、地盤沈下等の自然災害が発生した事の告知義務が有ります。自殺等の事故物件の報告義務が有ります。個人と業者で知っていた事と知り得る立場にあった事で相手側に説明しなかった事と偽証発言は責任を負います。

免許証権者による、指導 停止 取消の処分が有ります。

田んぼ、畑と粘土質の土地をそのままの埋立地は地盤沈下と液状化現象、かびに注意が必要です。宅地造成地 切土 盛土 埋立地(丘陸地、斜面を開発した土地)は地滑り被害、液状化現象被害、地盤沈下被害​等の注意が必要です。 

在来工法で外周に構造合板を施工していない物件はしている物件より耐震性と耐久性は低くなり、雨漏りのリスクは高くなります。平成29年の新築物件でも有りました。

基本的に3.5寸の柱と土台と、とうり柱より、4寸角の柱、土台、とうり柱等のサイズが大きい方が、耐震性と耐久性は高いです。 継ぎ手を金物等で補強する方が耐久性と耐震性は高くなります。 外壁材でも強度は変わります。木造住宅は杉、檜、松、その他、木材の材質とサイズで強度は変わります。

サイディング張りの外壁はひび割れの発生とコーキングの劣化で雨漏りが発生しやすいです。
瓦屋根とセメント瓦は重量が有る為、耐震性は少し低くなります。