不動産条項 

契約の締結時の注意事項と確認項目

不動産業者が受け取れる項目並びに報酬額は、例仲介手数料3%+6万円。その他の報酬額は報酬額表の記載があります。基本的に事務手数料は違反行為になります。事務手数料を10万円請求する行為は業務違反になります。結構多いです。宅地建物取引業者は免許証権者による、指導 停止 取消の処分の対象になります。免許証権者(都道府県の府庁等の宅地建物取引業免許証課)による、指導 停止 取消の処分が有ります。個人のお客が府庁等の宅地建物取引業免許証課と各宅地建物取引協会に異議申し立てをできます。

請求できるのは謄本、公図、測量図面、建物配置図等になります。不動産業者が受け取れる報酬額と報酬科目の記載がされた報酬額表が有ります。10万円等の事務手数料を請求する事は業務違反になります。停止、取り消しの対象になります。返却請求に金利を付けて、返却しなければいけないです。大阪府庁の宅建免許課等に被害届けを提出します。事務手数料を請求している業者は多いです。
境界 の明示義務が有ります。ローン等の手続き費用は仲介手数料に含まれます。
境界 の明示義務が有ります。契約事項で契約金額の5%、10%セント、又は1000万円を超える時は保全処置が必要です。

不動産の契約で立会の契約をしないで、ローンが難しいとの偽証の説明をして、2重売価契約書を制作しての販売価格の10%セントの上乗せをした価格帯でお客様と契約をしての10パーセントの金額のさや抜きの詐欺行為をする泉佐野市の不動産業者がいました。不動産の契約は立ち合いの契約が絶対条件になります。                                     値段交渉が有りと偽証の説明をして、2重売価契約書を制作しての販売価格の10%セントの値引きの金額の価格帯で、依頼者のお客様と契約をしての10パーセントの金額のさや抜きの詐欺行為をする岸和田市と高石市の不動産業者がいました。                                              又は2重売価契約書を制作しての販売価格の10%セントから15%セントの上乗せした価格帯での契約書を、銀行のローンに持ち込みして利益を増額する行為と売れ残った物件を桜の客付で決算する事を実行する、事の詐欺行為をする泉大津市と岸和田市の不動産業者がいました。氷山の一角です。                       任意売却並びに競売物件になっています。ローンの支払いを1年から3年で、ローンアウトする物件は該当する確率が高くなります。 販売価格の10%セントから15%セントの上乗せした金額をローンの支払いと名義借り賃に充てています。                                                2重売価契約書を制作して契約を実行する業者は詐欺師の業者です。宅地建物取引業の取り消しに該当します。  販売価格の表示金額を売り主に確認と承諾もせずに勝手に980万円から380万円に変更した価格帯を表示する事又は色々なデマを流す人、宅地建物取引業者がいます、物件の販売の営業妨害をする業者がいます。宅地建物取引業の停止に該当します。営業妨害の犯罪行為に該当します。

資産運用の物件を進める業者は良い物件は自分自身で買い取ります。又家賃の利回りはあくまで、現状の想定です。修理費用、固定資産税とその他の費用も掛かります。基本的に古くなると事と人口減少と子供の比率11.9%セントで家賃は下がる可能性の方が高いです。購入時の家賃が10万円が63000円になって、なおかつ空き家が増えて、競売、任意売却+自宅を売却した人も結構います。真実で現状です。家賃保証でも、月々の家賃は下がる事は結構あります。修理と維持管理と建築費用は業者との契約になっている所が多く、割高になっています。真実で現状です。少し考えれば分かります。その他世の中にある投資話で本当に良ければ自分自身又は会社で購入します。

建築確認で完了検査を受けていない又は新築建設の時に完了検査を受けない物件が有ります。建築確認の完了検査を受けているかの確認を必ずする必要があります。 説明義務があります。賃貸契約で双方に仲介手数料を請求する時は前もっての双方の承諾が必要です。賃貸契約で広告料を請求する時は前もってのオーナーの承諾が必要です。

賃貸契約で日常生活で生じる傷や汚れの修繕費用は家賃に含まれるので基本的に請求できません、費用を請求する時は契約時に特約条項に記載して借主に説明して合意を得る必要が有り明渡し時に確認作業が必要です。常識範囲を離脱した請求は違反行為になります。自然災害で生じた物は請求できません。賃貸契約で広告料を請求する時は前もってのオーナーの承諾が必要です、賃貸契約で双方に仲介手数料を請求する時は前もっての双方の承諾が必要です、事故物件の報告義務が有ります。契約事項に関する告知義務が有ります。                                    宅地建物取引業者は免許証権者による、指導 停止 取消の処分の対象になります。

賃貸住宅管理業を営もうとする者は、国土交通大臣の登録を受けなければならない。ただし、その事業の規模が、当該事業に係る賃貸住宅の戸数その他の事項を勘案して国土交通省令で定める規模未満であるときは、この限りでない。

賃貸住宅管理業の業務をする者は、国土交通大臣の登録を受けなければならない。ただしその事業の規模が当該事業に係る賃貸住宅の戸数その他の事項を勘案して国土交通省令で定める規模未満であるときはこの限りでない。賃貸住宅の住宅の居室とその他の共有部分について、点検、清掃その他の維持を行い、必要な修繕を行う業務、賃貸住宅の賃貸人のために当該維持保全に係る契約の締結の媒介、取次ぎ又は代理を行う業務を含む。当該賃貸住宅に係る家賃、敷金、共益費その他の金銭の管理を行う業務と業務と併せて行うものに限る。

阪南市で一戸建の2階建の賃貸のオーナー様からの2回目のリフォーム依頼で現場確認に行きましたが、敷地は1.3m前後の草が生え放題、樹木も道路に出てい部分が2か所有りと一階の屋根に2本の樹木の枝が多数接触して、とゆも詰まっていました。アンテナも倒れていました。浄化槽も割れていました。屋根の一部も崩壊していました。草刈り作業と樹木の伐採に3時間かかりました。話を聞くと一ヶ月分の賃料の10%セントの管理用を支払っているとの発言が有り、業者変更を考えているとの事でした。

契約内容と管理業務の内容は確認していませんが、管理業務の10%の請求出来る建物に対しての維持保全等の業務の実態は無く条件は満たしていませんでした。現状は阪南市の賃貸業者との依頼関係にあったので、トラブルが起こる可能性が有ったので、関わる事を辞める事にして、リフォム工事は辞退する事にしました。阪南市の賃貸業者は管理業務の条件を満たしていない状態で賃貸料金の一ヶ月分の10%セントの管理料金を請求しているので業務違反になると思います。オーナー自身も業者を変更するとの発言でした。免許証権者による指導と停止の対象になると思います。相手の方は素人の為に、宅地建物取引業者と管理業務の法令と規則を理解していない為に表に出ていない違反行為は結構あるのが現状で真実です。

泉南市で、泉佐野市の不動産業者が販売した物件で、水道の配管が隣の家と共有に成っていた物件があり2件分の水道料金の支払いをしていました。水道料金が平均の自宅の2倍の料金の場合は検査が必要です。浴室の水栓の水道配管も直結していました。

賃貸物件でプロパンガスは都市ガスの2倍から3倍の料金がかかります。昭和56年以前に建築した木造住宅は大きな地震が来た時に崩壊しやすいと言われています。古い住宅は外周を構造合板で施工をしていないので耐久性と耐震性は低くなります。又瓦屋根、セメント瓦などの重たい屋根も崩壊率と雨漏りの発生率が増します。古い左官仕上げの外壁は崩壊しやすいです。平成以前の住宅は賃貸住宅でもトラブルと事故の発生率は高くなります。海、川、崖等の近隣地と小高い丘と山等は家賃が安めでも、無理して住まない方が無難です。

不動産業者の売買取引契約と賃貸契約は自社の利益率が多い物件を優先的に進める業者が多いです。津波被害、浸水地域、液状化現象、崖崩れ、地滑り地域、切土、盛土、田んぼ、畑等の造成宅地、川の堤防、池、海に近い地域、線路と高架道路等に面している所その他は自然災害と事故に注意が必要です。

海に近い所は潮風の影響で住宅と車等の耐久年数は低くなります。津波の被害のリスクは高くなります。住宅の評価額、売買価格が急降下する事が有ります。太平洋に面する海岸線と日本海に面する海岸線で高知県、和歌山県みたいに、まともに津波の影響を受ける地域は、海岸から1kmの地点での海抜は10メートル以上は必要だと思います。海岸から500mの地点での海抜は13メートル以上は必要だと思います。海岸から.200m以内の地点での海抜は15メートルから20メートル以上は必要だと思います。大阪府では各距離の60%セントから70%セントの海抜が必要だと思います。

南海地震の想定の津波の最大値 高知県黒潮町34m 高知県安芸市15m 和歌山県すさみ町19m 和歌山市8m(10m前後の可能性はあります) 大阪府泉南市、阪南市4メートル (5mから6m前後の可能性はあります) 岸和田市5mです。(6m前後の可能性はあります)想定地の1.2倍から1.3倍ぐらいは、起こる可能性が有ります。東北地震でも、想定地を超しています。

根来断層は和歌山市から旧の粉河町までの地震断層です。粉河加太線沿いにある地震断層です。地震断層の上と近隣地域の土地は地震が起きた時に被害が大きくなります。宅地建物取引業の契約事項の重要な告知義務に該当すると思います。書面えの掲載と説明が必要です。

海に近い所は地面の砂地の量が増えてくるので、液状化現象で地盤沈下する確率が高くなります。生命を失うリスクと大けがを負うリスクと住宅等の崩壊リスクは高くなります。又被害が小規模又は中規模でも財産価値は著しく降下します。津波の被害の時は川と溝を逆流して被害拡大をします。住宅が川の堤防より低い所は浸水被害と海から近い川の堤防沿いの住宅は合わせて津波被害も受けやすいです。無理して住まない事も選択肢の一つになります。日本中で起きた過去の出来事に当てはめての住宅購入と賃貸契約が必要です。

人間の命より大事な物はこの世の中には、存在していません。堤防等も完ぺきな物は無いです。危険地帯に堤防を建設してまでの無理して住む必要は無いです。堤防は壊れる可能性が有る事と高さを超える津波が起こる可能性も有ります。温暖化で氷河が解けて海面は上昇しますし、又永久凍土に眠っていたウイルスも大気放出されます。化石燃料の消費し過ぎでの自然界を崩壊しての自然災害が今後急拡大するとの研究結果が゛出ています。自然災害は年々大きくなります。地球崩壊しながら生きている人間の罪の結果です。自然に逆らわず出来るだけ安全な土地に住む事の方がどの方向から考えても正論です。費用負担も当然安く済みます。各災害リスクも低くなります。

高圧線の直下にある家は電磁波の影響で人体に悪影響を及ぼします。白血病、がん、自律神経障害等の病気の発生リスクは高くなります。契約時に説明義務が有ります。宅地建物取引業者は免許証権者による、指導 停止 取消の処分の対象になります。

過去に浸水被害と津波被害と崖崩れ、液状化現象、地盤沈下等の自然災害が発生した事の告知義務が有ります。自殺、殺人等の事故物件の報告義務が有ります。雨漏り、昭和以前の時代の土の上に瓦屋根を施工した雨漏りが発生している時の調査と施工費用の金額とリスクの説明と下地に防水シートの施工をしていないので雨漏りを止める事は不可能に近いですの説明が必要です。(下地に防水シートを施工して、カラーベスト屋根、ガルバリウム鋼板屋根、FRP瓦屋根等の変更が必要になる事が多いです。) 契約を優先した偽証発言と誘導発言は個人の売主と宅地建物取引業者の双方は契約者不適合責任を負います。宅地建物取引業者は免許証権者による、指導 停止 取消の処分の対象になります。書面えの掲載と説明が必要です。

シロアリ被害、家屋の傾き、サイデングのコーキング切れによる水の進入、近所に危険物の取扱所、墓地、反社会組織の事務所、近所の人に迷惑行為をする人が居る事等の個人と業者で知っていた事と知り得る立場にあった事と調査義務を怠った事で、契約時に相手側に説明しなかった事と偽証発言と利益率を重視した誘導操作の発言等は売主と仲介業者が責任を負います。 宅地建物取引業者は免許証権者による、指導 停止 取消の処分の対象になります。

免許証権者(都道府県の府庁等の宅地建物取引業免許証課)による、指導 停止 取消の処分が有ります。個人のお客が府庁等の宅地建物取引業免許証課と各宅地建物取引協会に異議申し立てをできます。

田んぼ、畑と粘土質の土地をそのままの埋立地は地盤沈下と液状化現象、かびに注意が必要です。宅地造成地 切土 盛土 埋立地(丘陸地、斜面を開発した土地)は地滑り被害、液状化現象被害、地盤沈下被害​等の注意が必要です。                              ○○○○台 ○○○○が丘等は建築後に傾きが有る家が多いです。1階の下に2メートル以上の擁壁が有る家は傾きが有る家が多いです。
年を取った時と足腰と膝等の怪我をした時も上り下りが大変です。

大きな荷物と重量の重たい荷物の運搬作業は大変です。駅と医者とスーパーマーケットと衣類の購入、ドラックストア、公共機関等に車が無ければ、いけない所が多く老後は買い物難民等になります。自宅までの道のりが坂の為に自転車と徒歩の場合は体力の消費が多くなります。地震が起きた時は平たん地よりはリスクは高くなります。これらに関する事の説明をよく精査する事と考えてからの自宅の購入と賃貸契約が必要です。土石流の発生で死亡した人と自宅が崩壊した人が居ます。自宅を購入してからの実体験で自宅を売却してアクセスの良い所と平坦地に引っ越している人も居ます。

住宅の評価額、売買価格が急降下する事が有ります。

丘並びに小さい山を開発した土地で切土と盛土で造成した擁壁施工をした土地は地盤沈下と崩壊のリスクが高くなります。丘並びに小さい山を開発した土地は駅、スーパーマーケット、病院等から遠いところが多く、車の使用をしなくなると、買い物難民等になります。

擁壁施工した土地で道路から2メートルから4メートル以上を階段で上がる住宅は怪我と足腰と膝の老化と炎症等で住宅の出入りが困難になります。在来工法で外周に構造合板を施工していない物件はしている物件より耐震性と耐久性は低くなり、雨漏りのリスクは高くなります。平成29年の新築物件でも有りました。

基本的に3.5寸の柱と土台と、とうり柱より、4寸角の柱、土台、とうり柱等のサイズが大きい方が、耐震性と耐久性は高いです。 継ぎ手を金物等で補強する方が耐久性と耐震性は高くなります。 外壁材でも強度は変わります。木造住宅は杉、檜、松、その他、木材の材質とサイズで強度は変わります。

サイディング張りの外壁はひび割れの発生とコーキングの劣化で雨漏りが発生しやすいです。
瓦屋根とセメント瓦は重量が有る為、耐震性は少し低くなります。

免許証権者(都道府県の府庁等の宅地建物取引業免許証課)による、契約事項と重要事項説明書の業務に対しての指導 停止 取消の処分が有ります。個人のお客が府庁等の宅地建物取引業免許証課と各宅地建物取引協会に異議申し立てをできます。

前の記事

郵便局の改革