リフォームの注意点

リフォームの工事、解体工事、外壁塗装、外構工事、建具屋 硝子屋 サッシ屋 の依頼は工事をする職人又は職人の店舗に直接依頼する事と3件ぐらいの合い見積りを取る事が大事です。見積もりの提示をしない業者と職人は取引を絶対にしてはいけません。職人と店舗の経営者でも技術力の能力の不足している人と非常識の人格障害者の精神の持ち主の人と高額の費用を請求する人はいます。詐欺行為で逮捕と起訴されている人もいます。個人、リフォームの紹介サイト、不動産業者 リフォームの事業会社、電気量販店、ホームセンターで、リベート費用10%から40%セントを取って、職人に丸投げしている個人又は会社には依頼しない方がいいです。紹介サイト、リフォームの事業、電気量販店、ホームセンターをしている会社は、広告費用、営業社員、従業員、店舗の運営の費用、テナント料金等の費用+職人に依頼する費用が、かかる為に割高になります。職人に丸投げしている個人と業者は知識不足と工事経験が無い為に意思疎通も伝わりにくい時がありトラブルになるリスクは高くなります。工事に着手してからの追加料金又は高額の追加料金を請求する業者もいます。

事例、リフォーム、工務店、建設業、水道業者の事業者の商品はネット価格に比べて、+5%から50%セント前後の割高になっている物のが多いです。事例の洗面化粧台交換の費用+処分費用の合計金額14800円から (壁の加工無し+水道の配管工事無しから) ホームセンター 電気量販店の交換費用+処分費用の合計金25000円から 交換費用、処分費用 工事代金は割高です。商品代金が40%から63%セント引きでも、結果的に商品代金+リベート費用10%から40%セント+交換費用+(出張料金)+処分費用の合計金額は割高になります。

リフォーム工事の契約での最初の見積もり段階でのトイレの便器と便座交換とクッションフロアー張替で約17万円の見積で契約して後日に工事に着手してから、床下が一部水漏れによる腐った部分があるので追加で30万円の追加料金が必要ですと請求した大手電気販売店が有りました。本人からの相談で現場確認に行きましたが、トイレの横の洗面所に床下点検口がありそこから侵入してトイレのしてまで行けるので、最初の段階での見積で積算できる案件でした。又床下の修繕費用は高く見積もっても7万円から8万円でした。素人で分からないと思って高額の費用請求をしていました。電気量販店と協力工事業者とテナント費用とチラシ代と人件費等の維持経費がリフォーム工事に跳ね返っていました。契約完了後での工事の途中で商品も搬入していたので、立ち入る事は出来ませんと説明しました。便器と便座と床の修繕費用の合計金額で22万円から23万円の工事でした。

次の記事

ファッション