幼児虐待の現状と罰則

旭川14歳少女いじめ凍死事件の性的暴行の動画をSNSで拡散した、加害者の全員の学校名と住所氏名と年齢と顔写真の公表と15年以上の実刑と13歳以上の殺人と重大事件は成人と同じ判決を実行。幼児虐待と少年の犯罪の罰則が異常に軽すぎで法改正を実行                                        担任と校長と教育員会の利害関係人は懲戒免職の実行                            幼児相談所の記者会見で多いのは、確認した時点で保護する必要は無かったとの発言と人手が無いの発言といいわけが多いです。                                              平均体重の20kgの半分の10㎏の体重だった事と栄養失調で死亡しているのに、言い訳の内容がひどすぎて、一切の反省ができない組織が多いのが現状で、社会人不適合者であることを自分自身で証明している事に気づいていません。                                                   氷山の一角です。                                            政府と行政は一般社会では通用しない自分たちを優遇する、てんこ盛りの規則設定が多く、運営能力は無く根本の改善をする事も出来ません。政府と行政と利害関係人のシステムと組織改革をしない事が証明になっています。     人間界の人間の人生の人として生まれてきた目的の精神の向上と得を積む事の真逆の考えを持った集団組織だからです。                                                  手を差し伸べても救うことが出来ない思想の持ち主です。政府と行政と利害関係人には自浄作用も100%セント有りません。                                                幼児相談所は民営化して免許証制度にする事が根本の土台作りになります。                    人間界の人間の人生の人として生まれてきた目的の精神の向上と得を積む事の真逆の考えを持った集団組織だからです。                                                  幼児虐待の加害者は無人島に身一つで島流にする。島の中にコモドドラゴン、チンパンジー、オオカミ、ジャガー、クマ等の選択肢の動物を放し飼いにする。刑務所は衣食住の保証と税金負担が有ります。虐待で死亡した子供の恐怖感と地獄の苦しみと同じ状況かに置く事で罪の自覚を認識できます。罰則が軽すぎます。抑止力になっていないし、真の反省は出来ません。                                         幼児相談所は機能していないです。大阪府富田林市で2歳の女の子が亡くなりました。手足を縛って、食事と水も与えず、木製のさくの中に閉じ込める事を繰り返していたと証言しています。合わせて、浴室で意識不明になっています。繰り返す事により、誰が考えても衰弱して死亡する事は推定できたはずです。2歳の女の子が意識不明になった時点で、孤児園で18歳まで入居さす事が絶対条件であったことは、少し考えても分かります。

栗原容疑者と船戸容疑者には終身刑から死刑が妥当です。幼児虐待では無く暴力によるいびり殺しが真実です。                              表現のすり替えは違反行為です。社会人として暮らしていく資格は一切ありません。              母親は両者とも20年の量刑無しの実刑が妥当です。厳罰で取り組むことが大事です。ストレス解消のはけ口として、抵抗できない幼い子供をターゲットにして、地獄に匹敵する暴力の殺害をしており、又反省の余地も無く​本人にとっては毎日の生活が生き地獄だと思います  。                                      物事を考える時は、自分がその立場に立った時の事を考える事が重要課題になります。政府と行政と利害関係人+経済界+宗教法人は自己中心的な人が多すぎます。                               船戸容疑者のしつけがエスカレートしたとの表現は行動と内容から見て100%セント偽証表現です。                                   自分自身で罪を軽く思いたい心理が働いています、又は他人にも出来るだけ悪く思われたくない人間としての心理が100%働いています。                                          義理の娘は親戚に褒められるが俺の事は一切褒められないの発言で自己愛が非常に強く自分を否定する出来事と自分自身で色々な人と自分を比較する事で劣等感を抱く事と、仕事と色々な事でストレスを溜めて情緒不安定に成り抵抗できない小さな子供に暴力を振るうう事でストレスの解消をしていたのが真実です。

殺害の意思が無かったと本人​​が思うが、発言しても、常識の道徳​と常識の精神状態の人から見たら、その行為に因って死亡する事がわっかている事をした人は殺人罪を適用する事とし、状況から見ても正常な社会人生活を送る事の精神は持ておらず、相手の事は​一切考えていなく​、相手がどうなろうと構わす゛、その場の気分でのストレス​解消の八つ​当たりを抵抗できない弱い人に暴力と相手が弱っていく事を見て楽しん​でいます、いじめをする人も共通する部分が有ります。                                              いじめと虐待は、表見が間違ているケースが殆どです。傷害事件と集団暴行といびり殺し行為と自殺に追い込む、殺人に準ずる行為が真実で現状です。                                     幼児相談所の機能していない対応+警察+教師+教育委員会の評価と批判と罰則を伏せぐ為と軽くする為に、設定するのに過ぎません。メッキははがれています。自浄作用は100%セント有りません。手を差し伸べても救うことのできない人の組織集団です。                                           紀の川市桃山町調月で娘を小学校に一回も行かせせずに13歳になった子供がいます。元保険体育の特殊学級 特別支援学級の教員です。自分自身の過去の経験と仕事環境と生活環境と教育環境と両親と身内と周りの価値観の教育で得た事が全て正しいと思い込んでいます。         

自分の価値観を子供に押し付けて育てる行為は、虐待になると思います。自分の価値観で小学校に行かないで、フリースクールで勉強する方がいいと思ています。現実はフリースクールは自由行動で、幼児期に最低限必要な勉強と道徳を教えていませんでした。常識を離脱したわがままな子供になっています。三つ子の魂百までで改善するのは非常に困難です。娘の人生をだいなしにしている事を理解していません。                     いじめ 表現のすり替えの集団暴行の場合+学校でのいじめ、発達障害、自閉症が有る場合は、学校に行くのを辞める又はフリースクールに転向する等の選択しの対応も必要です。異変が無いかの注意監視が必要です。救える命を失う事を防ぐ事が必要項目です。                                      小学校、中学校に行く事は勉強だけではなく、礼儀作法、社会常識、集団生活、十人十色、感謝、他多数を学ぶ事が出来る場所です。                                            反省する​事と相手の事を一切考える事が出来ず自分の思い道理ならない事は全て相手のせい又は周りのせいにして、自分自身で勝手に情緒不安定に陥り凶暴性を発生して抵抗できない弱い立場の人に暴力をする行為をします。

いじめをする人も共つの思想の人が多いです。政府と行政と利害関係人の人​は物事をよく精査して考える必要が有ります。                                                 虐待行為をした人には仕事に従事させて収入を子供の養育費に充てる。罪の償いと反省に必要な期間です。現状の法律はどの方向から考えても適正では有りません。                             元々発達障害、人格障害、軽い精神異常者の症状の持ち主だたと思います。                   普通の正常な人には抵抗できない幼児を精神的に追い込む行為並びに暴行行為も出来ないです、大人が5才の女の子のおなかを全力でける事で死亡につながるのは誰が考えても理解できます、又ける行為だけではなく殴る行為もしており、自分自身が5才の女の子に出来るかを考えれば全ての事が精査出来ます。                上記記載内容は幼児虐待といじめをする人と妬みを持つ人と人を陥れる人、逆恨みをする人と精神的に人を追い詰める人と極端な自己中心的な思想の持ち主の人に共通する行動と思想の持ち主の症状です。自分自身に当てはめて考えれば精査出来ます。                                           裁判所の判断は亡くなった子供の事を考えた正しい判断では有りません。又政府と行政と利害関係人を保護するような判決が多いのが事実です。                                       社会人の思想を形成していない人が多くなっている事が事実でお金儲け中心の考え方で世の中が形成されていく事を進行していて善悪を抜きにして、一般市民を政策決定した法律で利用しての政府と行政と利害関係人+経済界+宗教法人+統一教会+創価学会の既得権益で私腹を肥やす事と組織を守る事を優先する思想が年々強くなっている事が真実です。                                                この事が悪循環の繰り返しの拡大原因です。少し精査すれば理解できます。子供だましです。  

日本社会は本人の立場に立った物の考え方が出来ない人が多くなったと思います。自分さえ良ければ良いと考える人が多くなったと思います。だれが見ても命に係わる状​況になっても医療機関に連れて行かず、船戸容疑者は義理の娘が親せきから褒められるのに俺は一切褒められないの発言で虐待をした原因が分かります、精神の年齢が幼稚園から小学生の低年齢で有る事が分かります、                                  正当な社会人生活が出来ない人げは結婚をしたら事件を起こす確率が高いです、嫉妬と八つ当たり並びにストレス解消のターゲットと自分の保身と反省の余地が一​​切無く、どう見ても悪質な殺人罪、殴り殺し、いびり殺しだと思いま​​​す。                                                  母親も助けるチャンスがいくらでも有った事と​香川県に居る時に2回も保護をしているのに呼ばれたら行く事と​自分は普通の暮らしをしており、旦那の暴力を過剰協調して責任逃れの所が有ります、人間は命に係わる事が娘に起こった、自分の命に代えても守ろうとします、今までの行動を精査すると反省していなく、罪を軽くする演技が入っていると思います。                                             新しい旦那の収入で生活する事を優先した行動が母親の罪です。少し考えれば行動の説明が付きます。                                  虐待に対しての裁判所と政府の政策は正しい対応を取れていません、相手の立場になって物事を考える事が出来ない、集団組織で有る事が真実だからです。​​人の命に真剣に取り組む事が必要です。                                 罰則が余りにも緩すぎると思います​。​​保護する側にも罰則を設ける。​