政府と行政と利害関人の改革

IR事業は国が政策設定でする事業は合法です。一般市民が同じ事をしたら賭博行為で犯罪者として法律で罰せられます。政府と行政と利害関係人は完全な権力を利用した規則設定で私腹を肥やす事に固執する犯罪者の集団組織である事の実態を証明しています。全ての事を自分たちに都合が良いように権力を利用した規則設定で独占企業化して一般社会のように競争社会方針を取り入れない方式と責任を全て一般市民に擦り付ける事を平然としている事が日本社会の人口減少と優秀な人の外国移住と経済の衰退と崩壊への進行を増大している犯罪者の詐欺師の集団組織です。真実で現実です。

和歌山県庁職員を設計士と建築業界の人で何回も接待していたと本人から聞いた事が有り、和歌山県発注の仕事で3倍の費用を受け取ったと発言していました。他にも​色々​あります。和歌山県の警察本部と国土交通省に提出し​た書類にも記載しましたが確認の連絡は無しでした。和歌山検察庁に告発に行きましたが細かく書きすぎだと発​言して加​藤氏は受け取りませんでした。​​紀の川市貴志川町岸宮でのごみ回収で町内会に入会しないとごみ出し禁止の規則設定をしていました。当時の入会金45000円、月会費1000円でした。焼却場に持ち込みしていました。同じ貴志川町でも入会金無と町会に入会するしないは関係ない町会が有ると貴志川町の交番勤務の嘱託職員今西氏が発言し貴志川町の長山に今住んでいると発言していました。紀の川市の担当者と副市長田村氏と和歌山県警出向職員高木氏に違反行為になる事を説明しましたが、担当者は私の氏名の公表とごみ処理違反になると言いに来たと町内会に報告に行きました。​ 犯罪行為になります。職員が犯罪行為をします。後日町内会の関係者が貴志川町の岸宮の現場に文句を言いに来ました。同じ町内会で無料と有料が有る事を理解しておらず犯罪行為になる事を理解しておらずと逆切れして後からきて何を言っているのかと発言していました、又鶴亀ホームの物件は売らないように地元の不動業者に言っていると発言していました。営業妨害の犯罪行為です。2重の犯罪行為をしている事を理解していませんでした。宅建協会の顧問弁護士は全員法律違反になるとの回答でした。又法律に照らし合わせても違反行為です。ある団体の大阪府の副会長が何の落ち度も無いし相手が完全に違反しているし、差別にもあたると発言して紀の川市に行く時に本人も同行して市役所に行くと発言していましたが、犯罪行為になる事を平気にする市役所と町会の人間を相手にしなくても人間界で行った事は、人間界か死後の世界で全て自分に返る事の仏教と昔からの教えと経験で理解しているので相手にするのは辞めました。​ 

紀の川市役所が作った問題を私の氏名を町内会に教えて既得権益を保持しょうとしました、又町内会と市職員と和歌山県警高木氏と副市長田村氏は逆切れしていました。逆恨みもしています。高木氏の発言そんなこと言われてもすぐ対応できません。同じ町内会で無料と有料が有る事を理解していませんでした。一般社会でしたら犯罪行為で逮捕される案件です。浄化槽の件も有りました。解決は出来ませんでした。人生において罪を重ねる行為をしていたので、救えない人生観を持っている事に気づいたので、無理して相手​にする事を辞めました。現在の泉南市の町会費年間3000円入会金無し、500円を市に寄付していると町会職員が発言していました。​和歌山県の法務局と和歌山県庁でも貴志川町の国土調査に関係した事の対応で法務局の職員本間氏の発言、お前だけが客で無いぞ、和歌山県庁職員岡田氏の発言何回も電話してきて脅迫だの発言をしました、紀の川市の職員、岡野氏、坂口氏、山木氏、和歌山県警察出向職員高木氏は妨害行為をしました。現場で図面に伴い正しい説明と不動産業者である事と売却の時に業務違反をしたら免許証の処分が有る事を説明しても聞き入れませんでした。 

一番の問題点は行政が独占企業である事と職員の仕事の姿勢が一般社会では通用しない事ばかりが多く会社経営や給料に跳ね返らず基本的に仕事に遭った対価の報酬が高すぎる事と不動産業と比べ物にならない責任義務の設定をしていて、一般社会では通用しない事が多すぎるのに勘違いして、一般市民より位の高い態度と対応をします。不動産業者でしたら停止から取消の処分です。測量士では分筆する時に現地確認しないで図面上で分筆する人和歌山市の測量士もいます。和歌山測量士協会の相談員は不動産業者が一番悪いと発言しました。全滅でした。本人が認めた事も含めて和歌山市の法務局には説明しました。問題の重大さを全員の人が理解できませんでした。政府と行政と利害関係人のシステムに問題が有ります。人はミスをする事は有りますが、根本の規則設定の違反行為に対しての対応が出来ない事と、責任義務が余りにも一般社会とかけ離れたことに対して反省と改善する事が出来ない人達の組織で有る事を体験しました。一般社会人としての道徳観が欠落している人が多い組織で形成されている事に気づきました、登記事項に関する法律に定めた事に対して、行政、測量士の人が正しい対応が出来なければ、規則設定を設ける意味が無くなります。登記費用、測量代金、税金等の負担をしている事を理解していません。人は色々な利害関係での収入で生活している事に感謝して生活する事が大事だと思います。   

政府と行政と利害関係人は規則設定で自分たちに都合が良い規則設定をしています。その他専門知識がない事での表に出ていない問題が数多くあります。国土調査に関しては不動産業の為と売買契約に影響するので東京の国土交通省に報告したら和歌山県庁と紀の川市は対応しました。裏の持ち主の身内が紀の川市の職員でした、公的業務に感情を持ち込んでいました。他の市町村でも表に出ていない事が色々あります。知れば知るほど政府と行政と利害関係人の現状が分かります。問題は上司を含め対応できる人が居く、又責任をとらす環境も無く、公務員を保護しすぎるから、結局社会全体が衰退していくのです。公共事業、オリンピ​ック、政策​決定その他色々の事も、プラス面の協調ばかりをして、社会​全体の総合的には考えず、利用できる事は何でも利用しています、​​​​​​​政府と行政と利害関係人は社会生活のマイナスに成る事の方が圧倒的に多いのが日本社会の現状です​​​。 他にも時限爆弾作用の政策と公共事業と原子力発電が有ります、​何かあれば国民に政府と行政と利害関係人の既得権益の謝金の負担を​税金で支払いをするシステムを形成しているので、組織の解体と組織変更と権力者と行政の排除と総入れ替えが無ければ、日本社会を改革する事は絶対に出来ません。救う事の出来ない人たちの集団で有る事を考慮しての対応が正しいです。​​​表面上の発表が多く本​当の真実の発表がほとん​ど有りません。マイナス面の公表をほとんどしていません、​​企業の本当の成長能力の妨げになります。

日本の一人当たりのgdb25位、ドイツ政府の一人当たりのgdp17位で赤字国債を発行していない収入以内での数値データで、赤字国債込の差し引きをした一人当たりのgdpだと大差になります。​現在の日本の赤字国債で補てんする政策と事業と経済成長とその他は評価対象にならず、一部を切り取るのではなく総合的に評価しなければ何の意味も有りません。アメリカのGDPは日本の3.883倍、武器輸出と過去の戦争等の力による各国を利用しての利益を含みます、中国のGDPは日本の2.429倍、アメリカのGDPは中国の1.601倍 アメリカの一人当たりのGDPは日本の1.627倍、アメリカの一人当たりのGDPは中国の7.025倍、日本の一人当たりのGDPは中国の4.317倍、この数値を見れば中国政府の伸びしろの余地が分かります。政府と行政と利害関係人の政策変更の国民の全体協力体制を取れば、世界一の経済大国になる可能性が非常に高いです。マイナス面の協調の批判ばかりではなく、全体の視野で考える事が必要です。インド政府も同じ可能性が有ります、色々な産業とITの取入れ政策変更、生活環境の変更なので急速に経済発展します。経済成長7.053%、各国が経済発展していきますので今の政府と行政と利害関係人の政策では、日本の世界での競争力は弱まっていく可能性が非常に高いです。   

伸びる政策を推進している国との格差が広がり始めています。卑劣な行為や既得権益の私腹を肥やす事​に固執すると自滅します。​​自分たちには高額の給料設定と税金の優遇制度を設けていますが国民には出来るだけ負担させるシステムを形成しています。​日本国民全体の対等の規則設定の立場で政策決定する事が正論で自分たちの既得権益の私腹を肥やす事を優先する集団には、日本国民全体が豊かになる政策は出来ません。本人に自覚が無く日本政府に​​見切りを付けて外国移住する人が増加する事と人口減少が続きます。​​​​​​地球上の化石燃料、例、石油、ガス、石炭の消費と環境汚染と、ほとんどを輸入に依存している日本社会の事と原子力発電は完全な発電システムを形成していない、処理の問題リスク、安全性のリスク、費用負担のリスク、いじめにあている人、住居地を失った人の事を考えると、電力発電の小規模水力発電、地熱発電、自然エネルギー発電、​の促進をする。電気自動車、電気オートバイの導入を促進する、電力の発電の自然エネルギーの活用をもっと増やす。エネルギーの消費を少なくする建築物を促進する、エネルギーの消費を少なくする衣類の促進をする、ごみの処理の自然処理の促進、ごみの出る量を商品生産時から考える、パッケージを出来るだけ自然処理できるものにする。便利さの追求だけではなく、トータルで考える。  物事を考える時は程々にし現状に満足する事も大事です。地球上の生き物は人間だけでは無く他の生き物が居なければ生きていけません。地球上で起こる地震、雷、台風、竜巻、火山の噴火、生き物の命、生命の保持に必要な事、その他は人間にはコントロールする事ができず、与えられた環境で生かされている事を認識して、地球上での人間の考え方が全てでは無く間違いの選択肢も有る事を自覚する必要が有ります。​地球上の人間界の人間が決定した事は全ての物事と物資と生き物の生命の成り立ちに影響を与える事は絶対に出来ません。人間の頭脳の発達によるおごりの行動を見直す必要が有ります。​​​​基本的に人間は自分の経験と学習した事、生活環境で得た事を元に考えて行動する生き物で有り、自分自身の考え方が全てかのような考え方は間違っています。​色々な人と生き物の考え方と行動に教えられる事と得る物が多い事を謙虚に受け止める必要が有る事を、人間の人生において認める事が大事です。​自然界の生き物は必要以上の物を得る事を絶対にしません。身分相応の意味を理解する必要が有ります。​​どう考えるかは人の価値観ですが取り入れてもマイナスには働きません。​人間は自分の色々な物欲の考えを優先する事を自覚して行動する必要が有ります。​​​​​同じことの繰り返しの日本を改革するのに必要​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​な​条件だと思います。       

Follow me!

前の記事

社会人不適合者