年金制度の変更

年金費用によるグリンーピァの損失1905億円、不明金23億円​、消えた年金2000万件以上現時点、未支給となっている​年金2兆7000億円​判明分だけです。年金で年金の給付以​外の​用途に使われたお金、​6兆7878億円判明​分だけです、減額、入力ミス、不祥事の調査に使われた​費用4000億円、  政府と行政と利害関係人の年金制度は正当性を確保していないシステムで死亡年齢によっては掛捨てになる事と支給年齢を固定していません、国のお金になります。遺族年金の受け取りをする時は自分の年金は放棄して一人の年金の受け取りになります。片方の年金は国のお金になります。銀行預金を相続する時は自分の預金を放棄して銀行のお金になる事と同じです。65才の支給後で66才から70才で死亡したら残りのお金は、遺族年金と独身の人でも残りのお金は国のお金になります。銀行預金(郵便局)と一戸建ての賃貸の共同経営をする方が全ての条件面で優れています。政府と行政の年金システムは相続と死亡時の支払人を決定できない規則設定をして法律で支配下に置いて政府と行政と利害関係人の私腹を肥やすシステムに投入しています。。規則設定を利用したした詐欺行為の犯罪行為です。年金制度は自由選択にする事が正論で国民の為にもなり社会の発展にもつながります。今の政府と行政と利害関係人に資格は一切有りません。又65才の人の10%死亡、70才の年齢の人の20%の人が死亡します、独身男性の平均寿命74才、独身女性の平均寿命77才、独身の人を含めると70才以上で減少率は一気に増える事と、年齢を上げる事で支払の対象者を少なくする工作の手法を取ってのごまかし行為の公表が多く、国民には負担刺しますが、政府の都合と自分たちの立場での権力を利用しての既得権益の私腹を肥やす事でお金を得る事が目的の集団組織でその為には何でも有の既得権益を優先した規則設定に変更します、利用出来る物は何でも利用します、政府と行政が立ち​​​入る事ではないです、個人​の問題です。                  

年金システムは現時点で清算して自分の将来の生活費、年金は自己責任で 一戸建ての賃貸の共同経営 又は銀行積立(郵便局)どこの市町村でも有りますと、その他色々で設定するのがどの方向から考えても正論で、支払金の大まかな固定ができ、金利により多少の変動がある可能性が有りますが、自分自身に対したシステムでの会社と種類の色々な面で選択肢が可能になり、​遺族年金との関係が無い相続面と相続人の指定ができる事と掛け捨てになる事がなく、出金と支払時期も自分で決定できます。支払金額に応じた受取金額の計画を立てて契約ができ、全ての条件面で優れています。基本的に元本保証だと思います、運営費用も一般の会社運営に比べたら余りにも違反行為が多い事と一般の会社でしたら刑事事件の事も有りますと人件費の費用と提携会社に委託するなどの無駄な費用と自分たちのミスを一般市民に税金で支払いをさして、自分たちは高額の給料と退職金を受け取るシステムで、一般の会社でしたら倒産して、財産の破綻処理を事項して、支払金額が不足する時は経営者は自己破産です。年金の2018年度の黒字額発表は2兆3795億円ですが実質は日銀が年間6兆円の赤字国債のお金を投入をしており、一般の会社経営に当てはめると赤字経営になり、発表からすると粉飾決算になります。一般社会では法律違反になります。​​​株式市場、原子力発電、沖縄の基地問題の得手勝手な何でも有の規則設定と公共事業と得手勝手な補助金システムとその他色々の対応方法を正当な政策の規則設定で伸びている国と比較すれば、いかに政府と行政と利害関係人の私腹を肥やす事に固執しているかが理解できます、

IR事業は国が政策設定でする事業は合法です。一般市民が同じ事をしたら賭博行為で犯罪者として法律で罰せられます。政府と行政と利害関係人は完全な権力を利用した規則設定で私腹を肥やす事に固執する犯罪者の集団組織である事の実態を証明しています。全ての事を自分たちに都合が良いように権力を利用した規則設定で独占企業化して一般社会のように競争社会方針を取り入れない方式と責任を全て一般市民に擦り付ける事を平然としている事が日本社会の人口減少と優秀な人の外国移住と経済の衰退と崩壊への進行を増大している犯罪者の詐欺師の集団組織です。真実で現実です。

国の謝金約 2019年3月末時点で1103兆3543億円    限りなく続ける金融緩和で謝金を増やし続けています。日本政府と行政は過去に預金封鎖を実行していて現在も何一つ変わらない政府と行政と利害関係人を巻き込んでの運営をしています。自分たちの得手勝手の規則設定の政府と行政と利害関係人の私腹を肥やすシステムの謝金の付けの責任を利害関係の無い一般市民に責任を負わせています。 政府と行政と利害関係人は責任を負わせないシステムを形成しています。 犯罪者の集団組織です。今現在も得手勝手の 何でも有の 規則設定の政府と行政と利害関係人の私腹を肥やすシステムの限りない金融緩和で謝金の増大行為を続けていますと無理やりの年金制度と老人の比率が増えるのと人口減少で成り立ちませんとそもそも国の年金制度は正当性を確保していません、 政府と行政と利害関係人の年金制度は正当性を確保していないシステムで死亡年齢によっては掛捨てになる事と支給年齢を固定していません、国のお金になります。遺族年金の受け取りをする時は自分の年金は放棄して一人の年金の受け取りになります。片方の年金は国のお金になります。銀行預金を相続する時は自分の預金を放棄して銀行のお金になる事と同じです。65才の支給後で66才から70才で死亡したら残りのお金は、遺族年金と独身の人でも残りのお金は国のお金になります。銀行預金(郵便局)と一戸建ての賃貸の共同経営をする方が全ての条件面で優れています。政府と行政の年金システムは相続と死亡時の支払人を決定できない規則設定をして法律で支配下に置いて政府と行政と利害関係人の私腹を肥やすシステムに投入しています。 民間の銀行預金(郵便局) と一戸建ての賃貸の共同経営を する方が正しい設定項目になっています。 国民に不利益を与える存在でしかなく排除するのが正しい方法です。同じ事を繰り返しています。自分たちの事しか考えないから、社会全体の衰退が進行してしているのが現状で、日本社会の人口減少比率は令和元年と前年度の比較での1年間で減少した人数は約458000人と日本に見切りを付けて外国に移住した優秀な人の人数は平成元年で約586900人です、平成28年で約1338400人です、平成の年の28年間で2.2倍に増加しています。日本社会より住みやすい国に移住する人が増加している事と人口減少の悪化が拡大している事が真実と現状です。結果が出ているのに 政府と行政と利害関係人の何でも有の規則設定と私腹を肥やす事に固執している事の結果で衰退が進み続けているのが本当の現状で真実でSNS等で情報提供していく事が人口減少等と社会の発展と経済成長につながります。利用する物は何でも利用する思想の持ち主で反省する事もできず、改善する事もできず、良心も無く自分を大きく見せて優れた人間で有るように思わす偽装工作で一般市民をコントロールしてのとにかく自分の利益につながる事しか考えない人です。精神異常者と発達障害と人格障碍者に多い特徴と行動の持ち主で本人と利害関係人を巻き込んで破綻の進行が進んでいるのが真実で現状です。又株式に年金60兆円と日銀による年間6兆円2018年12月で23.9億円で2019年12月で約30兆円に成ると思いますの赤字国債の投入で平均株価を無理有り吊り上げる行為を現時点で3割以上の上乗せをしての時限爆弾作用の政策を事項しています。いずれ破綻します。平均株価の実際の価格は15000円前後です。逆効果です。遅かれ早かれ崩壊します、​​又政府と行政での意向で一つの事に異常な多額の金額を投入して株式価格の平均株価当を操作する事は政府だから許される事では無く完全な違反行為です、一般の会社でしたら粉飾決算をしているのと変わりません。会社が倒産する行為を政府と行政と利害関係人の人が実行しています。報道機関と評論家はほとんど公表していません。政府と行政と利害関係人寄りの協力発言をする人を多くして一般市民と一般の会社(補助金の投入会社と税金の優遇会社を除く)に負担さす事を正当化するコントーロールをして政府と行政と利害関係人の規則設定の私腹を肥やす事に固執する事の実態の内容の全てと過去に預金封鎖を実行した事等と政府と行政と利害関係人の報酬と税金の優遇制度等の自分たちには特別扱いするてんこ盛りの規則設定の実態と真実を公表する機関と評論家と情報機関は一切無いです。情報機関と評論家に利害関係人の人が多いからです。真実で現状です。謝金は世界一位なのに政府と行政の給料(報酬)は断トツの世界一位で有る事と限りない金融緩和で謝金を増大し続ける事を考えれば全員の人が運営能力を持ち合わせていない事を自分たちで証明していて、対応方法は組織変更と排除と総入れ替えと規則設定の変更を実行することです。 社会の成立ちは一般市民の協力で成り立っているのに日本政府と行政と理解関係人は独裁者と同じ組織団体で先進国で断トツの世界一位です。対応方法は排除と組織変更です。日本国民に対してのがん細胞の効果の影響を与える組織団体です、善悪は関係なく何が何でも自分たちの既得権益の確保と組織を守る為に何でも有の規則設定で国民を食い物にしているのが真実で現状です。権力を利用した詐欺師の犯罪者集団で有る事が真実です。先進国でぶっちぎりの世界一位です。 日本国民を利用しての税金と年金でできるだけ負担させるシステムの現状を精査すれば理解できます。 政府と行政と利害関係人の規則設定の私腹を肥やす事に固執する事を一切改革しません。真実で現状です。  赤字国債の発行と何でも有の規則設定での一般市民に税金と年金とNHK等で負担させることばかりを多くをして、衰退と謝金が膨らみ続けていて、一般の会社なら倒産していて、代表者は自己破産、会社は破綻処理をします、一般の会社経営に当てはめたら経営が成り立っていなく、仕事の内容と国の経営状態から見ての報酬も高額すぎます、国​会議員、地方議​員、都道​​府県知事、市長村長、公務員の大学、医療関係、ゼネコン、電力会社、放送関​係、道路関係、交通関係、飛行場、管理関係、国と都道府県、市町村の免許証制度と許可制度、認証制度の必要な各組織えの天下り、業務出向禁止、権力に守られた人の排除、又は就職している人を解雇処分にする。利害関係人のいる所の補助金、優遇制度を見れば分かります。解体、排除する事が絶対条件になります。天下りで10億円の収入得る人も意外と多いです。世界一の謝金大国なのに一般市民を食い物にした世界第二位の税金の高いシステム(消費税を上げたので世界一位になっている可能性も有ります。)と赤字国債の発行で私腹を肥やす事に固執する事している政府と行政と利害関係人が日本社会に起きている人口減少と優秀な人の外国移住と老人の比率が増える事での崩壊に​​向かっている原因の根源です。政府と行政と利害関係人の収入を除いた平均収入はかなり低くなります。一般市民の人数が圧倒的に多い事と世の中の食物連鎖を支えているのは圧倒的に一般市民で有って、一般市民の暮らしを豊かにする政策ではなく、一般市民を食い物にした規則設定の私腹を肥やすシステムに固執するから、崩壊に向かっているのです。金銭面の低収入と時間の余裕の無さと生活環境のレペレの低さで子供の出生率が少なくなる原因です。社会人の資格が無い人が政府と行政の組織の乗っ取り行為での詐欺師の犯罪者の集団になっているのが真実で現状です。自分たちで政策を決定するのでミイラ取りがミイラになるのです。犯罪者を取り締まる側が犯罪者になるのです。権力を利用した犯罪者の集団組織で有るのが真実で現状です。人間として生きていく資格はないです。一般市民を食い物にした行為と犠牲にした行為と原子力発電所とうと沖縄の問題等の一般市民の安全と命より自分たちの既得権益の私腹を肥やす事に固執する事を実行している人間は排除しかないです。不利益を発生する事しか影響力の無い人間です。真実で現状です。今の年金制度とNHKの集金システムは国民を規則設定で強制して金銭を得る事の利用システムで構成しています、自由な選択肢を設けないのは法律違反になます。一般社会と同じ競争原理が働かない、すべての事における強制の規則設定を設ける事が犯罪者の集団で有る事を証明しています、NHKは有料放送の選択制にする事が正論です、国民を支配下に置いて政府と行政と利害関係人を優遇するシステムで裁判所まで協力体制を取っています。反対の人は個別のチャンネル設定で除外する事で請求要件は無くなります。それでも請求する場合は政府と行政とNHKが法律違反をする事になり、正当な機能を呈していない事になります。世の中を支えているのは圧倒的に一般市民です、             

Follow me!

前の記事

株式に赤字国債と年金投入

次の記事

登山