高齢者運転の対策

高齢者運転の対策 

政府は一般市民生活の環境の改善策の対応ができていません、

全国で高年者による事故が多発しているのに対応が出来ません。

事故は死亡事故、重大事故だけでは無くニースに成っていない事を含めたら膨大な量です、高齢になるほど小さい事故は大事故につながります。

政府と行政と利害関係人は既得権益が関係する事には早急に対応します。高年者の事故による被害者を少なく​なる事の政策を早急に決定すべきです。​

死亡事故が多発している事に対しての免許証の制度と車の規格の変更と安全対策の政策変更が出来るのに実行できない、政府と行政と利害関係人のは排除と総入れ替えをしないと一般社会に不利益を招く事が非常に多い事を認識する必要が有ります。

飲酒運転の防止処置で業務用のアルコールチェッカーとエンジンとモーターの始動を連動して、始動する前のチック項目に設定して、アルコールを検知した時はエンジンとモーターの始動が出来ない、設定を全車種に義務付ける事の法律を設定する。飲酒運転による死亡事故を無くす為に絶対必要な連動設定です。

令和3年3月16日11時50分前後に東京都町田市のショピングモールで、71歳の女性の運転する人のブレーキとアクセルの踏み間違いによる、2人の人の死亡事故が起こりました。 意識を失う事による死亡事故、心筋梗塞、脳梗塞による死亡事故、高年齢による判断のミスと反射能力の欠如による操作ミスのブレーキとアクセルの踏み間違い、又はハンドル操作のミスによる、事故又は死亡事故が全国で多発しています。

横断歩道と歩行者通路に進入しての死亡事故も多いです。

自動運転と車検制度の税収入と車の販売台数と政治献金+政治資金パーティー+寄付 天下り等の減少の事より、人間の命の方が比べ物にならない値で重要です。

今の政府と行政と利害関係人の私腹を肥やす事の規則設定に固執する組織には、改革の規則設定の実行は100%セントできません。全滅組織である事が真実で現状です。

死亡者を減少出来る対策が有るのに実行できないのが現実です。

政府​と行政と利害関係人は既得権益の私腹を肥やす事を目的にシステム作りしているから社会全体の事を考える事が出来ない組織団体だからです。

​政策を決定する時には利害関係人との政治献金、政治資金パーティー、政党助成金、投票等の既得権益で私腹を肥やす事と国の収入と一般社会の収入、自動車税、消費税、自賠責保険と任意保険の収入、車検の収入、整備費用、板金費用、車の部品、ガソリン、オイル、免許証の更新費用、交通違反の罰金、金融機関のローン支払い​、​上記の設定の収入の減少と車の販売台数の減少を抜きに決定する事が大事です。正しい政策決定が出来ない原因の根源です。

高年者運転の対策として車の原付版の設定をしてのテスト規定を設けて合否での判定で自動車専用道路と高速道路の走行禁止の設定をする、リミッター設定による最高速度の設定を3段階にする、60km、70km、80km以内と移動距離の制限を設けて、片道の半径の範囲を50KM、40Km、30Km、20Km、10KM、5Kmの6段階、乗車人数の制限を設ける、A2名、B1名の運転者のみとするを設けて設定する事と並びに安全装置の設置と70才以上は2年更新にする​、​

自動ブレーキ標準仕様付 カメラによる意識管理機能を付けて自動ブレーキと連動する、飲酒探知機能付 バックギヤは独立ホールに移動し警告音がなるようにする 急発進抑制機能付き ブレーキを踏まないとエンジンとモーターが始動しないようにする。

最高速度はテストの症状で対応する。証明のスッテカーを車に張り付ける事を義務化する。車検と保険の条件にする、80歳以上は取消、​​車の免許証の取得は18才以上です。取得年齢に対しての取消年齢を設定する事が正論です。

早急の法律の改革が必要です。

​​死亡事故が多発しているのに政府と行政は対応できていません。幼児虐待の件も合わせて小​​手先対応では対応できません。政府と行政と利害関係人の改革と排除と総入れ替えが必要です​。​

高年齢になるほど脳梗塞、心筋梗塞、意識を失うリスクの増加、運動能力の低下、運転操作能力の低下、判断能力の低下、反射神経の低下、目の視野​​​​​​​​​​​​​​​​​​​の減少​、逆走リスクの増加、例又歩行が困難な人でも普通の車の運転をして死亡事故を起こしてます、

事故を起こす確率が高くても自分の便利さを優先して、他人に迷惑を起こすことを想定できない人が多いです。他人の命を奪う事も起こり、双方の家族の一生に重荷を背を合わす行為になる事も有る事を認識する必要が有ります。

世の中には完璧は有りませんが、前もって防げることは実行する事が正論です。その他のリスクは多くなるばかりで、機械は100%セント無いし誤操作も有ります​​​​。自分の便利さを優先して事故を起こしたら意味がないと思いました。

よく有るのはブレーキとアクセルの踏み間違いをブレーキが利かなかったとの思い込みの判断能力の欠如が多く、車の運転をしてはいけなかった事を証明しています。

事故を起こす可能性が高い状態でも車の運転をしている人が多いのが現状です、国の免許証の更新のシステムと年齢制限の取消を設けていない事にも問題が有ります。

高年者運転とてんか​ん、薬​物使用者、車の運転に支障が出る薬等の人の罰則も偽証行為や病気を隠蔽した時は通常の人の2倍から3倍の罰則と刑事罰を設ける事とする。  

70歳以上は免許証センターと自動車学校の試験場での試験取り入れと運転免許証専用の医療機関の診断書の添付1年更新を条件にして、​全長4、6m、全幅1、73m以上の乗用車での全面道路の幅員6mで間口2.7m奥行5.5m​のライン上にポールを設置しての車庫入れの回数を3回以内とし出る時は1回でポールに接触したら取消とする、

坂道発進で0.7m以内のバックまでとする、運転コースの道路からはみ出したら取消、コース内に横断歩道を3か所以上設けてランダムに設定した歩行者の行動に対しての運転技能とその他の運転技能と、試験場と自動車学校の場内の試験に合格したら路上試験に移行する。路上試験は運転免許証取得時と同じとする。

合格の判断をする。このテストに不合格の場合は、場内、路上の時と運転免許証専用の医療機関の診断書の添付を条件として診断書1年更新のみでも取消とする。

条件は不合格の時は再テストは可能ですが免許証は保留状態にして、免許証の返納をして、無免許証者扱いになります。

60歳以上は上記の設定をしたゲイムセンター版のシュミレーションテストのテストと運転免許証専用の医療機関の診断書の添付を条件にして

診断書1年更新のみでも取消とする。 不合格の時は2年更新と70歳以上の試験場のテストの条件にする事と診断書のみでも取消。上記の法改正を設定する。 

80才以上は取消として取消者と不合格者は対策品のコンパクトカーの試験は可能です。4段階の免許証にする。対策品として最高速度を30km、40km、50km、60㎞と半径の移動範囲を片道30Km、20Km、10km、5Kmの4段階のコンパックト電力カー並びにエンジンカーの規格設定Aタイプ最高速度50km、60km、モーター出力45馬力以内、乗車人数は2名以下とする、

全長338cm、全幅150cm以内、車重500kg以内 ボデーはアルミ、スティール、プラスチック、ポリカーボネート、ウレタン、ステンレスの複合材で製作する。構造はバイクと車のミックスにする事で軽量化を測りリーザブルな価格設定にする。バンパーウレタン Bタイプ最高速度30km、40㎞、モーター出力30馬力以内、全長318cm、全幅145cm以内、車重400kg以内、バンパーウレタン 自動ブレーキ標準仕様付 ​カメラによる意識管理機能を付けて自動ブレーキと連動する。定員は2名とする。 

飲酒探知機能付 ​バックギヤは独立ホールに移動し警告音がなるようにする 急発進抑制機能付き ​ブレーキを踏まないとエンジンとモーターが始動しないようにする。ダシュボードの中央に緊急駆動スイチを設けて、オフにするとエンジンとモーターを停止して自動ブレーキが作動するシステムを全車種に設定する。車が停止するまで解除は出来ない事とする。

​バスと乗用車の運転者が意識を失った時とパニック運転に陥った時と危険運転をした時の用の第3者側の対策の装置設定です。早急に設定する。​高年者の交通事故の対策と不便な所を補う対策の両立が出来ます。Aタイプは最高速度を60kmから70kmに設定した普通車タイプの設定も可能です。 Bタイプは最高速度を50kmから60kmに設定した普通車タイプの設定も可能です。 世界での販売も視野に入れました。 

コンパックト電力カーはソーラーパネルを装着してエコと安全性の相乗効果を追求する。2年更新で運転免許証専用の医療機関の診断書の添付1年更新を条件にして、4段階の専用の運転免許証を条件設定したらと思いました​​​​​。各都道府県と各市町村の生活環境を考慮しての対策を考えました。

電車にシートベルトとエヤーバックを装備、バス、電車、タクシー、に一般の人が操作出来る緊急停車ボタンを装備する。電車、バスの運転でのカーブで想定以上の力が加わった時は緊急ブレーキを発動する装置を標準装備、飲酒運転、居眠り運転、わき見運転の監視システムを標準装備、ヘルメット等の着用、運転手の病気の発生、意識を喪失、脳梗塞、暴走運転、等の死亡事故の発生を防ぐ効果を発生します。早急の設置を義務づける必要があります。既得権益に固執した、今の政府と行政と利害関係人には考え付かない設定です。                   信号無視、黄信号で止まらない人が7割ぐらいと信号の無い横断歩道で横断者が居ても一時停止しない車は8割から9割ぐらいで、点数を3点、罰金を倍にする、法定速度50kmの所を70kmで走行する人が5割います。20km未満2点、20kmから24km3点、25kmから29km4点、各罰金は倍にする、交通事故の減少効果を発生します。