電動バイクの推進 

電動バイクの推進 

                                           電動バイクの規格変更が必要です。ガソリンのスクター、バイクに比べて、明らかに規格が劣る設定になっています。

電動バイクの普及の妨げになっています。一種原付登録の電動バイクは現状では私生活に使用する、要件を満たしていません。

政府と行政と利害関係人は電動バイクと電気自動車の推進と普及を充実する事を理解していないです。

電池は冷房装置を完備して、カセット方式にする。1カセットの重量を20kg 30kg 40kgにする。1台に対して1個から3個の搭載にする。カセットの容量は1個から3個にする、電気オートバイ、スクーターの実質走行距離を40kmから200kmにする。

現状は一種原付登録の電動機の出力が定格出力0.6kWは0.8馬力、(最高出力で1.5kW程度)最高出力は(2馬力) 坂道でほとんど登れない現象とモーターの出力不足によるオーバーヒート現象がおきます。

一種原付登録で最高出力3kW前後のガソリンエンジン車 は4馬力から4.5馬力 スクターです。小型自動2輪車 0.6kW超1kW以下 1kW超20kW以下のものは普通自動二輪車、20kW超のものは大型自動二輪車の規格です。

一種原付登録の電動機の出力が定格出力3kWは4.02馬力 最高出力は5kW設定 最高出力は6.70馬力 実質走行距離は40㎞以上に変更する 

エンジンとの差をつけすぎで、エンジン企業を保護しすぎです。

将来性を損害する行為です。 

現在の49ccのスクター4.5馬力 過去の49ccのバイクは7.2馬力 

小型自動2輪車の電動機の出力が定格出力5kWは最高出力は6.70馬力超 最高出力は15kW設定 最高出力20.11馬力以下に変更 

実質走行距離は60㎞以上 世界での販売を想定しました。コストパフォーマンス追求

現在の124ccのバイクは15馬力です。スクター12.5馬力 

15kW超60kW以下のものは普通自動二輪車、最高出力で60k設定 最高出力80.46馬力以下 実質走行距離は100㎞以上 現在の249ccのバイクは45馬力です。過去の400cc

は64馬力です。400ccでは80馬力から90馬力は可能です。

 60kW超のものは大型自動二輪車の規格です。(最高出力で60kW)は最高出力80.46馬力以上 999ccのスポーツバイクは210馬力以上 実質走行距離は100㎞以上 世界での販売も考慮しました。

モターは水冷とする 電池はカセット式にする。冷房システム付 1本から3本にする。CVT又は3速から4速のミッションを組み合わせる事で、耐久性と走行距離の向上をする。