軽自動車の規格変更 電気自動車の推進 

電気自動車の増進で化石燃料輸入90%の使用減少と地球温暖化対策を実行する事が最善課題です、中国に完全に後れを取っています。中国の電気自動車の関税は8%セントにする。日本国内の電気自動車の比率を増大と購入費用を大幅に削減で市民の生活向上の効果を発生します。中国と日本の自動車の輸入協定を即刻実行する事が絶対条件になります。酒運転の防止処置で業務用のアルコールチェッカーとエンジンとモーターの始動を連動して、始動する前のチック項目に設定して、アルコールを検知した時はエンジンとモーターの始動が出来ない、設定を全車種に義務付ける事の法律を設定する。飲酒運転による死亡事故を無くす為に絶対必要な連動設定です。現在の電気自動車は332万円から499万円です。補助金の財源は税金です。電気自動車の普及を増進する事を考えると150万円から300万円の販売価格の設定が必要になります。                                    中国の電気自動車で45万円から60万円の車が有ります。全長291cmX横幅149cmX高さ162cmで、実質の予想走行距離は80kmから118km位、普段の生活の使用には問題ないレベルです。総合的に考えて下記の規格の電気自動車の提案をしました。軽自動車の普及率は50%セントです。電池は冷房装置を完備して、カセット方式にする。1カセットの重量を60kg 80kg 100kgにする。車1台に対して2個から6個の搭載にする。カセットの容量は2個から6個にする、電気自動車の実質走行距離を130kmから480kmにする。電池の規格を共通式にする事で、性能向上と大量生産による、価格の低下の増進を出来ます。電気自動車の割合が増えるほど、大量生産によるコストカットと性能向上の短縮が出来ます。                                            軽自動の規格変更で全長370cmX横幅163cm、衝突つ安全性能の向上、高速道路の走行の安定性の向上、100km以上の移動距離の快適性の向上等の効果が有ります。                                                         全長370cmX横幅163cmの規格が有れば、ベッドスペースの210㎝から220㎝X153㎝の室内を確保できます。メーカー使用のキャンピングカーの販売が可能です。又はシートレイアウト変更による、1段又は、ハイルーフ使用の2段ベッドと使用の設定をする。                                                ワゴン車でも、シートのフラット化のベッド設定で2名が車内泊できて、ハイルーフ使用の専用の2段ベッドを積み込む事で4名も可能です。

災害の時も貢献します。 建物と違い安全な所に避難できます。 エコノミー症候群も防げます。購入費用と維持管理費も普通車より断然お得です。                                           宅配業者等の使用も合わせて、全ての面で使用範囲が増える事で、かなりの社会貢献と相乗効果の一石三鳥の効果を発生します。実測走行距離を150㎞から250㎞にする。走行安定性と衝突強度の向上この事で、郵便局、宅配業者、農業、漁業、商店、建設関係者、店、他多数の仕事利用に大貢献と化石燃料の節約と大気汚染の減少を増進、早急の法律変更が必要です。車検は10年目までは3年に1回にする。市民の生活を支援する政策実行が基本です。世界での販売も考慮しました。電動自動車は7大メーカー以外の企業も製造と開発と販売がしやすいです。競争力による経済発展効果も発生します。                                         今の軽自動車での4名の乗車等の衝突安全性と走行安定性と長距離移動の負担軽減、高速道路の走行性能の安定性能の向上、強い横風等の走行安定性の向上等の事が可能になり、今ままでは役不足だった軽自動車の規格の改革で普通乗用車に近い確保が出来ます。コンパクトカーを活かした2重3重の相乗効果を発生します。A100馬力 トルク18kgから24kg 乾燥重量1100kgから1250kg 135kmリミッター設定  水冷モーターB75馬力 と2速から3速のミッションかCVTを組み合わせる。  トルク14kgから18kg 乾燥重量900kgから1100kg。 125kmリミッター設定 水冷モーター C58馬力 と2速から3速のミッションかCVTを組み合わせる。                     トルク9.5kgから12kg  850kgから1050kg 115kmリミッター設定  Dエンジン900cc+モーター30馬力から58馬力のハイブリッド 総合出力80馬力から100馬力  Eエンジン900cc+ターボ+モーター30馬力から58馬力のハイブリッド 総合出力100馬力から120馬力、軽自動の規格変更で、軽トラックと軽バンを全長370cmX横幅163cmに変更、最大積載量400kg、タイヤ13インチ、185 ホイールを6Jにする ブレーキを1インチアップする。水冷モーター C58馬力 と2速から3速のミッションかCVTを組み合わせる。トルク9.5kgから12kg  850kgから1050kg にする。ボディー、シャーシー、内装はスチール、クロモリ、アルミ合金、ポリカーボネート、プラスチック、カーボン、ケーブラ、等の複合構造で強度と構造構成で軽量化を追求する。価格帯で調整する。 税金は1.2倍にする

電気自動車の実質走行距離を130kmから480kmにする。ハイブリッド車は実質走行距離は.500kmから780kmにする。燃料タンクは25ℓから30ℓ 新車販売でガソリンのみの車は2023年で廃止にする。新車販売は2030年で全て電気自動車にする。既得権益の私腹を肥やす設定に固執した、今の政府と行政と利害関係人には考え付かない提案です。市民の生活環境と自然環境と化石燃料輸入90%の使用減少と地球温暖化対策を実行の向上効果を発生します。早急に変更が必要です。オプションAソラーパネル B 250ccのエンジン C125ccのエンジン発電専用✙100kmから200kmを目指す。 電池は冷房装置を完備して、カセット方式にする。1カセットの重量を60kg 80kg 100kgにする。                                                  車1台に対して2個から6個の搭載にする。カセットの容量は2個から6個にする、電池の規格を共通式にする事で性能向上と大量生産による、価格の低下の増進を出来ます。乾電池方式の取入、交換が素人でも可能になる事と、宅配業者等の仕事の対応も向上できます。電気自動車にもCVT又は2速から4速のミッションを組み合わせる。走行距離を延ばせる事と、消費電力を低くします。必要商品です。自動車専用道路と高速道路の回転数を低くして走行距離を延ばす事が出来て、モターにかかる負担を減少させて耐久力のアップが出来ます。モターの耐久性の向上と消費電力の節約ができます。バッテリーの搭載量を減少出来ます。                          小型車のコストパフォーマンスを活かす、開発費用と商品価格を低く出来ます。世界販売のアメリカ、ヨーロッパの人の体格と移動距離も視野に入れる、                                          今の政府と行政と利害関係人と自動車製造会社では、実行できない、政策の提案です。一般市民の選択肢が増える事とコストパフォーマンスが高く、維持費は安くつきます。化石燃料の消費と二酸化炭素の排出の減少効果が高く、社会貢献の達成率が高いです。一般市民の事を本当に考えるのであれば、即刻実行する事ができるはずです。

電気自動車はその人の行動範囲に合わせて、モーターのみの車、モーター+ソーラーパネル車、モーター+エンジン+ソーラーパネルのハイブリッド車がいいと思います。例、現在の電気自動車のバッテリーの耐久年数と重量、熱対策と走行距離とバッテリーのコスト面と交換費用、メンテナンス費用を考えると3の選択肢が有れば電気自動車の普及が進むと思います。電池の性能と走行距離と価格が安くなれば、モーターと電池+オプションのソーラーパネルのみの、電気自動車にシフトしていけばいいのです。電気自動車の割合が増えるほど、大量生産によるコストカットと性能向上の短縮が出来ます。原子力発電を自然エネルギーに変更する事も大量生産によるコストカットと性能向上の短縮が出来ます。                                            例3000ccクラスは、660ccから1000ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル、2000ccクラスは、モーター+400ccから660ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル1500ccクラス300ccから500ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル  1200ccクラス250ccから400ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル  4000ccから5000ccクラスは、モーター+1000ccから1500ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル 水冷モーターはA58馬力 B100馬力 C200馬力 D300馬力 E400馬力 F150馬力 G75馬力 単独又は色々な組み合わせ、1個 2個 3個 4個の組み合わせで全車種カバー可能な効率の良い車両設定が可能になると思います。ソーラーパネルはルーフ+ボンネット+トランクの3とうりの選択肢にしたらいいと思います。地球温暖化と地球環境と化石燃料の消費量の減少の効果を発生すると思い ます。                                              電車にシートベルトとエヤーバックを装備、バス、電車、タクシー、車に暴走運転になった時に、一般の人と同乗者が操作出来る緊急停車ボタンを装備する。電車、バスと自家用車の運転でのカーブで想定以上の力が加わった時と暴走運転になった時は緊急ブレーキを発動する装置を標準装備、飲酒運転、居眠り運転、わき見運転の監視システムを標準装備、時と場合によっては、ヘルメット等の着用で、運転手の病気の発生、意識を喪失、脳梗塞、暴走運転、等の死亡事故の発生を防ぐ効果を発生と軽減効果をします。                          早急の設置を義務づける必要があります。既得権益に固執した、今の政府と行政と利害関係人には考え付かない設定です。電気自動車の車検制度は新車購入からの3回目の車検の9年目までは、3年に1回に変更する。4回目の11年目からは2年に1回にする。電気自動車は回生ブレーキでブレーキの耐久性が高い。オイルポンプ、燃料ポンプ、燃料噴射装置、エアースロットル、エンジン、その他等の複雑な部品点数が少ない。オイル交換等が無い。ガソリンタンクが無い、車の性能はかなり進歩していて、今の車検制度は適合していません。アメリカ政府は車検制度は有りません。点検制度は有ります。

次の記事

配管工事