法改正の提案 

法改正の提案                                          

国土交通省はダム建設の管理管理会社 道路の管理会社 その他の管理会社えの天下りが多く トンネル事故、データー改ざんの建設不要のダム建設、橋、高速道路、道路、公共施設、他多数の違法行為を実行しています。

他の省庁でも山のように有ります。真実で現状です。

子供を2人乗せる自転車は3輪自転車の限定に法改正を即刻実行する。子供は荷台で必ず動くことが有ります。その事でバランスを崩して転倒する事が起こります。2輪車では突発に起こる子供の急な動きでバランスを崩した時に対応する事は難しいです。現在では電動アシスト自転車の普及が進んでおりと自転車の購入の資金の30%セントから40%の補助金を支給する事が大事で、15歳以下の比率11.8%の改善をして、20%セント以上に上げる効果を発生する事に貢献できます。合わせて事故の発生確率を格段に減少できます。

いとこ、はとこ同士の結婚は禁止にする。

夫婦別姓は特段の事​情が有る場合は認可する制度を設ける。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

傷害致死の法律改正をする。 殺害の意思が無かったと本人​​が思うが、発言しても、常識の道徳​と常識の精神状態の人から見たら、その行為に因って死亡する事がわっかている事をした人は殺人罪を適用する事とする。​​​​人間は自分がかわいい為自分自身を悪く思いたくない心理と他人にも悪く思われたくない心理と罪の罰則を軽くしたいと思う心理が働きます。

法律の立場の人が社会の一般常識を持ち合わせていない判決が多いです。

オレオ​レ詐欺、投資詐欺、オーナー詐欺等の量刑を見直す10年以上25年以下 罰金300万円以上、基本的に被害額と同等額とする。

少年法の改正で13歳以上にする。いじめ問題と1​2歳の女子が母親を刺す事件が起きています。社会環境の変化によって、子供の生活環境もかっわている結果、変更が必要です。大部​分は大人の作り上げた社会現象です。

人を殺害してみたいと思う15歳前後の未成年者が増えている事の対応策です。

年法改正で16歳以上は成人の刑罰を適用する。殺人行為で2名上の場合は死刑の実行も有りにする。実名報道も認可する。刑事責任を問わない年齢を10歳までとする。岡庭由征容疑者 神戸連続児童殺傷事件 人を殺害したいの欲望を持っている人はいます。

集団で暴行をして死亡する行為も起きています。自殺するように精神的に追い詰める、異常者もいます。

岡庭由征容疑者等は再犯の可能性が非常に高く、医療刑務所等と不定期刑等の現状の罰則は不適合のケースが多いです。人間の心底の感情を確認する事は不可能です。昔からの教えの用心するに越した事は無いです。を考慮していません。

地雷が歩き回っているのと同じです。<

出入国在留管理庁は解体と組織の規則設定の変更が必要です。

教務上過失致死が多すぎます。

実刑が必要なケースでも、罰則を軽減か、注意ですましています。

政府と行政と利害関係人+経済界の資格はないです。

外国人の業務研修の被害者が多く、この事も影響しています。

法律の改正が必要です。外国人の業務研修者より、既得権益の私腹を肥やす事の詐欺行為の企業を優遇しています。

犯罪行為の共犯者に該当しています。

免許証制度の民間経営に変更する。

統一教会の名称変更は宗教法人の許可を取り消す。

統一教会、創価学会、他の宗教法人の選挙票の協力+政治資金パーティー+政治献金+投票協力は禁止にする。+罰金+宗教法人の許可を取り消す、設定を設ける。

宗教法人から税金を徴収する法律を作る、

医者+食料品製造者の方が、比べ物にならない、生命保持の貢献をしています。

相撲協会その他の税金の優遇制度は見直す必要が有ります。国会議員、地方議員の政治献金と政党助成金4340万円+文書通信費1200万円、世界平均の3倍から5倍の年収の禁止と廃止の設定をする。共産党は両方とも受け取っていません。

郵便局の限度額は8000万円にする。国の年金制度より自己責任で保険会社の年金積立又は銀行預金と一戸建の賃貸の共同経営等をする方が掛け捨てになる事が無く相続も出来ますを選ぶ方の人も居ますとNHKの有料保放送は選択制度に法改正する。

NHKを見る必要ない人から受信料を集金するのは権力を利用した完全な違反行為です。<

放火、火事対策

建築基準法の見直しで、非常階段が無い所の対策、避難はしご、耐火性の縄梯子、火災報知器、消火器2帖に対して1本+通路、スプリンクラー、ガラスを割る金づち、ガスマスクの収容人数分 業務用の換気扇の設置、装備を義務付ける。建築基準法の変更前にも適用する。

ける。ガス、灯油、ストーブの使用禁止、室内を耐火の仕様にする。耐火扉を設置 通路に物は置かないと行政の定期点検 窓の数と開け閉めの行政の点検、出入口の監視カメラ、センサーの設置 早急の法改正を実行する。

観光船対策

免許証とは、別に観光コース専用の承認検定を設ける。事務所の承認審査の実態確認を義務化する。検査と点検は、陸揚げ状態で実行する。点検は6か月に1回にする。車検に当たるものは2年に1回にする。

川、海、湖の運航は、水温が10度以下は完全な停止にする。11度以上20度以下は、ウエットスーツの装備を義務づける。一瞬で膨らむゴムボート+浮き輪+水を通さずに呼吸ができる顔面を開発 を乗車定員の人数分設置、

単独の観光船の運航は禁止にする。3船以上を条件にする。

風速8メートル以上、波の高さ1.4メートル以上、雨、悪天候の予報、注意の時は運航禁止にする。事故が起きた時の、自動の緊急連絡装置の義務化をする。

観光船案内のパンフレッとの交付+ネット配信を義務化して、事業の申請内容の各項目+事故歴+処分歴の記載を義務化する。

この事は、観光業+交通機関全体にする。