電通の随意契約、他+天下り

オリンピックの150億円の招致活動費の3分の1の約53億円を電通と委託契約、あくまで一例で電通との随意契約は、他にも沢山あります。又費用も割増費用の3倍から10倍の費用の私腹を肥やす事の詐欺行為になっています。これだけではなく、グループ会社に再依頼、再々依頼するシステムで2重3重の私腹を肥やす事の詐欺行為の実行の設定をしています。                                            随意契約の依頼でパソナ、電通、トラスコスモス等の会社からの出向社員で構成している会社のさサービスデザイン推進協議会に769億円で依頼して、そのまま電通に749億円で丸投げしています。復興税の使い込み17兆円と同じです。火事場泥棒行為とコロナのどさくさに紛れて、善悪を度外視した自分たちの私腹を肥やす何でもありの規則設定で金儲けに利用しているのが真実で現状です。                             加計学園に176億円の補助金 最初から加計学園だけに認可をする、ごまかし行為の選択制度を設定してと高額の補助金の支給で私腹を肥やす事の詐欺行為の実行をしています。財源は日本国民の税金です。           上記会社と学校は在日企業との書き込みが多数ありと不成功の指摘も多く指摘されています。          これはあくまでも一例で、各省庁を増やす事+業務依頼+随意契約+天下り+認可制度+免許証制度+政治資金パーティー+政治献金+政治献金を禁止にする目的で設定した制度の違反行為で政党助成金4700万円の2重取り、共産党だけは政治献金+政治資金パーティー+政党助成金は違反行になると受け取り拒否の設定をしています。共産党の政党助成金の分は国に返さず、他の政党で山分けを実行しています。資格欠格者である事を証明しています。手を差し伸べても救うことのできない人の組織集団です。

上記はあくまでも一例で、全国の飛行場、鉄道、オリンピック、万博、船の交通機関、大学、医療機関、薬会社、ダム、道路、各学校、老人ホーム、電力会社、ゼネコン、証券会社、銀行、保険会社、認可制度、免許証制度、行政、電話企業、通信企業、各ダム、道路、医療機械、薬、車、輸入機関、他多数の免許証制度、認可期間、管理会社、その他多数の企業間と行政で、端から端まであります。真実で現状です。                    天下り、業務出向、随意契約、違反行為の補助金、割増費用を税金に上乗せ請求する制度+限りない赤字国債の発行+全てを責任を負わない設定の実行の責任転換で日本国民の一般市民に責任を負わす、税金制度+預金封鎖の実行。この事を利用して私腹を肥やす事の詐欺行為を実行しています。                       テレビ業界、情報機関は在日の権力者と天下りと電通と政府+行政の利害関係人が支配していて、政府と行政と利害関係人の私腹を肥やす事の詐欺行為の実行を保持と拡大する誘導操作の発言、司会者、評論家、元官僚、芸能人、他多数98%セントが非常に多いです。並びにマインドコントロールの教育と隠ぺい工作を実行しています。真実で現状です。                                                 戦争行為でも兵士と市民の命は犠牲にしますが、政府と行政と利害関係は命を掛けて最前線で戦いません。安全地帯で違反行為の物欲政策の私腹を肥やす事の詐欺行為の実行を正当化しています。                人間界で必要ない行為を必要であるかのように、情報操作+教育システム+多数で必要なように正当化している、死刑が妥当の政府と行政と利害関係、精査すれば理解できます。                        能力が無いから力と武器で従わす行為を実行する事と改善しない事と無くさない事と責任を負わない設定を権力で設定しているだけです。                                          対策方法は日本国民の全体協力で、排除と解体と組織変更と過去の私腹を肥やす事の実行行為の詐欺行為の損害賠償金を請求と韓国政府と同じ起訴と実刑と財産の差し押さえが必要です。相続人にも行使できる設定をする。行を明治維新までさかのぼって実行する。