電気自動車の推進の提案

電気自動車の増進で化石燃料輸入90%の使用減少、中国に完全に後れを取っています。
現在の電気自動車は332万円から499万円です。補助金の財源は税金です。
電気自動車の普及を増進する事を考えると200万円から300万円の販売価格の設定が必要になります。総合的に考えて下記の規格の電気自動車の提案をしました。軽自動車の普及率は50%セントです。
軽自動の規格変更380cmX163cm、衝突つ安全性能の向上、高速道路の走行の安定性の向上、100km以上の移動距離の快適性の向上等の効果が有ります。モター100馬力以内と2速から3速のミッションかCVTを組み合わせる。 A100馬力 トルク18kgから24kg 乾燥重量1100kgから1250kg B70馬力  トルク13kgから17kg 乾燥重量900kgから1100kg
オプションAソラーパネル B 250ccのエンジン C125ccのエンジン発電専用                                 電池は冷房装置を完備して、カセット方式にする。1カセットの重量を60kg 80kg 100kgにする。車1台に対して2個から4個の搭載にする。  電池の規格を共通式にする事で、性能向上と大量生産による、価格の低下の増進を出来ます。乾電池方式の取入、交換が素人でも可能になる事と、宅配業者等の仕事の対応も向上できます。


自動車専用道路と高速道路の回転数を低くして走行距離を延ばす事が出来て、モターにかかる負担を減少させて耐久力のアップが出来ます。
モターの耐久性の向上と消費電力の節約ができます。
バッテリーの搭載量を減少出来ます。
電気自動車のモターにもミション又はCVTは必要品です。
小型車のコストパフォーマンスを活かす、開発費用と商品価格を低く出来ます。世界販売のアメリカ、ヨーロッパの人の体格と移動距離も視野に入れる、宅配業者、郵便局、農業等にも貢献、軽自動車の比率約50%セント
軽自動車では役不足の所を補いコンパックトカーの推進と省エネルギー効果の向上と化石エネルギーの消費の減少効果の発生を目的とした自然環境の汚染量の減少等の相乗効果を発生します。又世界での販売も視野に入れました。今までの経験を活かした一般市民に有意義の有る必要性と実用性を考えて提案しました。
日本社会にいい影響を発生する相乗効果があると思います。対策品の車が有れば法律の設定の関係性の無い自己責任置いての選択は可能になり、政府と行政と利害関係人の既得権益の規則設定の私腹を肥やす事を抜きの交通事故の発生件数を減少さる事に大きな貢献が出来ます。
電気自動車はその人の行動範囲に合わせて、モーターのみの車、モーター+ソーラーパネル車、モーター+エンジン+ソーラーパネルのハイブリッド車がいいと思います。例現在の電気自動車のバッテリーの耐久年数と重量、熱対策と走行距離とバッテリーのコスト面と交換費用、メンテナンス費用を考えると3とうりぐらいの選択肢が有れば電気自動車の普及が進むと思います。
例3000ccクラスは、1000ccから1500ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル、2000ccクラスは、モーター+660ccから1000ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル 1500ccクラス500ccから750ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル  1200ccクラス400ccから600ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル  
4000ccから5000ccクラスは、モーター+1500ccから2000ccのエンジン発電専用+ソーラーパネル 水冷モーターはA50馬力 B100馬力 C200馬力 D300馬力 E400馬力 F150馬力 D70馬力、単独又は色々な組み合わせ、1個 2個 3個 4個の組み合わせで全車種カバー可能な効率の良い車両設定が可能になると思います。
ソーラーパネルはルーフ+ボンネット+トランクの3とうりの選択肢にしたらいいと思います。
地球温暖化と地球環境と化石燃料の消費量の減少の効果を発生すると思います。