交通規則の変更の提案

信号無視、黄信号で止まらない人が7割ぐらいと信号の無い横断歩道で横断者が居ても一時停止しない車は8割から9割ぐらいで、点数を3点、罰金を倍にする、法定速度50kmの所を70kmで走行する人が5割います。20km未満2点、20kmから24km3点、25kmから29km4点、各罰金は倍にする、交通事故の減少効果を発生

煽り運転と煽り運転で相手を死亡させたときは、15年間の免許証の取消とする。罰金300万円とする。暴力行為をした時は8年間の取消とする。罰金100万円とする。交通事故を行為に起こした時は、7年間の取消とする。罰金100万円とする。相手に重症を負わせた時は10年間の取消とする。罰金200万円とする。

携帯電話の使用の運転は6点とする。 罰金3万円 重大事故を起こす可能性が高いです。

高齢者運転で認知症と体の不十分な所が有る状態での運転と歩行困難等の足腰の運動能力に支障をきたしていて各操作を正常に出来ない人と心筋梗塞、脳卒中とてんかんの持病がある人で運転に支障きたす人が運転して、死亡事故事故を起こしたら、永久の免許証の取消とする。罰金300万円とする。交通事故を行為に起こした時は、7年間の取消とする。罰金100万円とする。相手に重症を負わせた時は永久の取消とする。罰金200万円とする。

飲酒運転で死亡事故事故を起こしたら、15年間の免許証の取消とする。罰金300万円とする。相手に重症を負わせた時は10年の取消とする。罰金200万円とする。交通事故を行為に起こした時は、5年間の取消とする。罰金100万円とする。ひき逃げをして後日に逮捕と出頭と自首をした時に事故を起こしてから、ひき逃げ後にアルコールを飲んだの発言は受け付けない事とする。状態から考えても罪を軽くするための偽装工作です。ひき逃げをする行為は心理的に考えて、飲酒運転、携帯電話運転、停止中の運転、無免許運転、法定速度違反、正常な運転能力に支障が有る高年者運転、てんかん運転、持病運転等のやましい事が有る事が考えられます。

車検を受ける事が出来ない車と違反行為で民間の車検を通した車を運転して死亡事故事故を起こしたら、10年間の免許証の取消とする。罰金300万円とする。相手に重症を負わせた時は7の取消とする。罰金200万円とする。交通事故を行為に起こした時は、5年間の取消とする。罰金100万円とする。

高速道路で相手に幅寄せ行為と一時停止行為を行った時は5年間の取消 罰金50万円 一般道路で相手に幅寄せ行為と一時停止行為を行った時は3年間の取消 罰金50万円 

車内にカーテンと色の濃いフイルムを張った車で正常な視界の確保をしていない車で死亡事故事故を起こしたら、10年間の免許証の取消とする。罰金300万円とする。相手に重症を負わせた時は7の取消とする。罰金200万円とする。交通事故を行為に起こした時は、5年間の取消とする。罰金100万円とする。

次の記事

六道輪廻