鶴亀ホームと言います。ブログを始めました。宜しくお願い致します。泉南市で宅地建物取引業 リフォーム工事、便利屋をしています。

幼児相談所は民営化して免許証制度にする事が根本の土台作りになります。

政府と行政は一般社会では通用しない自分たちを優遇する、てんこ盛りの規則設定が多く、運営能力は無く根本の改善をする事も出来ません。政府と行政と利害関係人のシステムと組織改革をしない事が証明になっています。人間界の人間の人生の人として生まれてきた目的の精神の向上と得を積む事の真逆の考えを持った集団組織だからです。

幼児虐待の対策で家庭訪問に行った時点で本人の安否確認を絶対条件にする。拒否した時点で警察との連携で裁判所の許可状無しでその場で家宅捜索出来る並びに逮捕も出来る。医療機関で診察する並びに生活環境を本人から聞く又は確かめる。

一時保護して幼児相談所だけでなく警察との連携を条件にする事​と​一般並びに協力者を募り連携を絶対条件として一般社会の主観を取り入れる​。​出産後の定期診断、予防接種に来ていない​人、幼稚園、保育所、学校等に不登校の幼児の本人の安否確認をする。​

無抵抗の子供に虐待を加えた親との生活は認めない事とする。​​​​​​​​何らかの形で再発する可​能性が非常に高いことを理解していません。無抵抗の子供に虐待を加える親、人間は精​神に異常が有る可能性が極めて高いことを理解していません。法改正が必要です。

​無抵抗の子供に虐待を加えた時は10年以上25年の刑とする。1か月3万円で仕事の従事者にする。執行猶予は無しとする。実刑とする。​

​​抵抗できない幼児に虐待する人間には、死亡した場合は、一人でも、20年以上から終​​身刑、1か月3万円で仕事の従事者にする。又は死刑にする、法律改正が必要だと思い​ます​。栗原容疑者と船戸容疑者には終身刑から死刑が妥当です。社会人として暮らしていく資格は一切ありません。母親は両者とも20年の量刑無しの実刑が妥当です。厳罰で取り組むことが大事です。ストレス解消のはけ口として、抵抗できない幼い子供をターゲットにして、地獄に匹敵する虐待の殺害をしており、又反省の余地も無く​本人にとっては毎日の生活が生き地獄だと思います。

だれが見ても命に係わる状​況になっても医療機関に連れて行かず、船戸容疑者は義理の娘が親せきから褒められるのに俺は一切褒められないの発言で虐待をした原因が分かります、精神の年齢が幼稚園から小学生の低年齢で有る事が分かります、正当な社会人生活が出来ない人げは結婚をしたら事件を起こす確率が高いです、嫉妬と八つ当たり並びにストレス解消のターゲットと自分の保身と反省の余地が一​​切無く、どう見ても悪質な殺人罪、殴り殺し、いびり殺しだと思いま​​​す。又今までの経過を精査すると無抵抗の幼い子供を一方的に殴るけると精神的に追い詰める行為ばかりと食事をほとんど与えておらす゛又命に係わる状態になっても医療機関に連れていおらず完全な殺人行為で、裁判になったら泣いての演技でしつけが行き過ぎたと表現しているが、今までの経験から虐待する人間といじめをする人間は自分のイライラと仕事、人と自分を比べるストレスと劣等感のはけ口を自分より弱い立場の人と無抵抗の人に向ける心の弱い人で精神に異常な考え方を持っている人で有る事が真実で本当の反省と罪を償う精神を持っていません、無理心中と精子の売り買い等も子供の人格より自分の事しか考えていない古典例です。他にも戦争行為と一方的の攻撃とうは人間の自惚れによる用域に踏み込んでいる事が多くあります。ほとんどは権力者の色々な物欲に寄る物で作り上げており権力と政策で無理やりの犯罪行為で正当化しています。自然界の生き物では人間だけです。教育は自分たちに都合がよいようにします、報道と情報機関も自分たちを有利にする操作をします。マイナス面は隠ぺい工作を実行します。権力者の特徴と考え方と行動は精神異常者、発達障碍者、人格障碍者に当てはまる事が非常に多いのが真実で一般市民を支配下に置いての私腹を肥やすシステムの得手勝手の規則設定を設けての政府と行政と利害関係人の犯罪組織の精神異常者の集団組織が日本社会を支配しているのが真実で現実です、手を差し伸べても救う事の出来ない、魂のレベルの低い人で人間として生まれて来た目的の精神の向上と徳を積む事の真逆の思想の持ち主で排除が正しい対応方法です。一般市民の全体協力が必要です。

母親も助けるチャンスがいくらでも有った事と​香川県に居る時に2回も保護をしているのに呼ばれたら行く事と​自分は普通の暮らしをしており、旦那の暴力を過剰協調して責任逃れの所が有ります、人間は命に係わる事が娘に起こった、自分の命に代えても守ろうとします、

今までの行動を精査すると反省していなく、罪を軽くする演技が入っていると思います。新しい旦那の収入で生活する事を優先した行動が母親の罪です。少し考えれば行動の説明が付きます。

虐待に対しての裁判所と政府の政策は正しい対応を取れていません、相手の立場になって物事を考える事が出来ない、集団組織で有る事が真実だからです。​​人の命に真剣に取り組んでほしいです。罰則が余りにも緩すぎると思います​。​​

保護する側にも罰則を設ける。​教員、教育員会、幼児相談所には​、減給処分、停職処​​​分、解雇処分、懲戒免職、罰金制度、免許証の更新制を設ける。又教育員会と幼児相談所は民間経営に変更する、行政は仕事をしているふりをする所が有る事が真実です。​又国の謝金が年々増えているのに、政府と行政と利害関係人で得手勝手の既得権益の規則設定で私腹を肥やす事に固執する事を最優先にしています。

宅​​建業​には指導、停止、取消の処分が有ります。免許証の更新も有ります。栗原容疑者の直接の対応した人と上司は懲戒免職が妥当です。​

宅地建物取引業者でしたら完全に取消です、又損害賠償も発生します。道徳の有る人なら自分で退職します、退職金は孤児施設などに寄付します。せめての責任の取り方を選択します、​それが社会人としての有り方だと思います。行政と一般社会ではギャブが余りにもありすぎると思います。補助金の見直しをする。​

一般社会生活でとうらな​い行動と屁理屈と無理やりの規則設定をする所が有るはずです。又反省することも極めて低​いはずです。常識の有る人は自分の罪に築いたら自己責任を自ら取ります。又常識の有​る人、道徳のある人、正常な精神の持ち主は自分の色々な物欲で周りの人に迷惑が掛かるか、社会全体の事を考える事と精査して行動します。

幼い子供は自分で生きていく事が出来ず、親との生活が無ければ生きていけないと思う​のが普通です、又色々な社会の仕組みは理解できません。当然激しい暴力に遭っていれば、幼い子供に本当の事を発言する事はほとんど出来ません。本当の事を発言すると虐待と死を意識しての当然の状況で発言できないのが普通です。本人が親と住みたいと発言したのではなく、言わされている、又は精神的に言わなければいけない状況を父親が虐待によって作り出しています。今までの流れがで考えればわかる事です。

​1​0歳の子供の命が無くなっているのに、政府と行政に正しい対応の政策と法改正ができる人は一人もいません。発言によっては墓穴を掘ることを理解していません。同じことの繰り返しをするだけです。現実に同じことが繰り返されています。

政府と行政の総入れ替え​と解体と組織変更が必要です。自​己保身の考えが強すぎます。社会人としても失格だと​私の考​​えでは思います。

​​能力の無い人、道徳の無い人、正常の精神に欠ける人ほど、自分の落ち度を棚に上げて相手のせいにします、又言い訳の材料探しとその場しのぎの対応をします。自己保身と組織を守る事を優先します。又政策で一般社会ではとうらない規則設定と一般社会と比較にならない、責任を取る事の軽減処置の設定をします。