宅地建物取引業者が受け取る事が出来る、項目並びに報酬額は報酬額表記載の報酬額が必要です。 基本的に事務手数料は違反行為になります。請求できるのは謄本、測量図、公図、配置図、等になります。契約事項で契約金額の5%、10%セント、又は1000万円を超える時は保全処置が必要です。報酬額表が有ります。建築確認で完了検査を受けていない又は新築建設の時に完了検査を受けない物件が有ります。建築確認の完了検査を受けているかの確認を必ずする必要があります。 説明義務があります。 宅地建物取引業者免許証並びに宅地建物取引士免許証には、免許証権者による、指導 停止 取消の処分が有ります。

瑕疵担保責任/売主が宅地建物取引業者の場合は2年とする。 個人、仲介業者の場合でもしっていて言わなかった事は、責任を負います。 浸水被害、地盤沈下、液状化現象、崖崩れ生活に関する事の告知義務が有ります。並びにリスクを検証する必要があります。 仲介業者は瑕疵担保並びに告知義務違反になる事が無いか調べる責任を負います。一般の人でも知っている事は告知する義務が有ります。告知義務を怠った時は責任を負います。境界 の明示義務が有ります。

賃貸契約で広告料を請求する時は前もってのオーナーの承諾が必要です、賃貸契約で双方に仲介手数料を請求する時は前もっての双方の承諾が必要です、事故物件の報告義務が有ります。契約事項に関する告知義務が有ります。