不動産の告知義務

不動産の賃貸、媒介契約の告知義務で、基本的に自然死、賃貸の死亡3年経過後と店舗の賃貸は告知義務無しです。社会的影響が大きいを除くです、崖崩れ、浸水被害、津波被害他の告知義務も、購入者又は借りる人が、判断して決定が正しく、不動産業者、売主、貸主に確認を書面と説明でする事が必要です。トラブル可否の為に相手方に必ず書面と説明を請求する事が必要です。必要ない時間と費用弁護士費用を発生する事を回避する事が必要です。<br>基本的に事務手数料10万円も違反行為です。請求できるのは謄本、測量図面、公図、建物図目の費用のみです。それ以外は仲介手数料に含まれます。

神戸の売却依頼の不動産取引で周辺の取引事例と適正価格の表示なしと実際の価格の売買金額の10%セントの価格で買い取りをした、元不動産会社の社員、大阪泉州在住がいて契約行為の不適合者で、確認と後見人無しの契約行為は無効と説明義務違反と不動産取引の取消と刑事事件で起訴が必要。氷山の一角​

不動産の分譲住宅販売で、利益の上乗せと販売不振の解決の為に、桜の客又は客と共謀で1.1倍から1.2倍に偽造した契約書で銀行ローンを通す詐欺行為を実行の業者がいます。書き上げ分を利益の上乗せ、ローンに充当 1年から3年で任意売却、競売が実態 業務取消、刑事事件で審査を厳しくする事が必要

​不動産取引の岸和田市藤井町の中古住宅780万円の物件の仲介で、2重契約書を制作して、売り主に50万円の値引き依頼が有ると説明して仲介手数料+50万円を抜く買主には780万円、売り主には730万円で契約を実行の詐欺行為をした岸和田市上野町西の不動産業者がいて、 不動産業者の取消と刑事事件になります​

違反行為の業者は停止又は取消です。各都道府県の宅地建物取引免許証かに、訴える事が必要です。契約の不成立又は違法行為の解約締結で損害賠償又は買い戻し+損害賠償の請求 不正請求の金額+金利を請求できます。違反行為が明らかなので、個人でできます。契約書と重要事項説明書と領収書を持っていて、説明すればできます。

賃貸並びに自宅を購入する時はGPS高度計アプリ無料、例住所と標高、課金なし、ほぼ正確の表示の利用で標高15m以上を選択 津波予想、浸水被害は1.5倍は有ります、海に近い所は地面が砂地の為、液状化現象で地盤沈下しやすく、川、池、崖に近い所、田んぼ、畑、湿地帯、丘、山を開発地は災害注意が必要​