自転車の利用の推進

日本全体で自転車の利用を増やすことで、化石燃料の消費を削減できます。片道10㎞でしたら問題ないです。徒歩での移動距離の4倍から5倍が可能です。利用人数を増加する対策は、自転車専用道路の確保と増加と安全性の確保の整備をする事です。健康面の向上効果と費用対効果も大きいです。車等の製造をするときの、自然エネルギーの消費量と生産コストは比べ物になりません。物事の便利さを追求しすぎると、失う事もある事を理解する事が必要です。事例、車、バス、電車、飛行機等の事故による死亡者と重症者等の発生者数より、自転車による死亡者と重症者数の発生者数は圧倒的に減少します。政府と行政と利害関係人は自分たちの立場を優先した政策を実行しています。地球は人間だけの物ではありません。他の動植物がなければ生きていけません。今の政府と行政と利害関係人の詐欺師の集団組織の全滅組織には考え及ばない政策です。

人間は頭脳の発達で得たものも多いですが、人間の得手勝手での政策と行動が多すぎます。森林伐採、化石燃料の消費、ごみ問題、二酸化炭素の排出、自然環境を崩壊する建築物、その他色々は人間側に立った思い上がりの物の考え方で実行されています。その事は人間の思い上がりにかすぎません。自然界の生き物より優れていると思っている事も自己満足である事が真実で現状です。自然界の生き物は必要以上の事の行動と考えを持ちません。生き物は生まれたら必ず死亡します。六道輪廻の教えの人間界に生まれてきた目的の徳を積む事と精神の向上をする事が大事である事を重視する事が最優先で有る事を理解しての行動が必要です。人間界で行われている、戦争と戦争に付帯する行為、力ずくで相手を従わす行為、その他色々は自然界の生き物には無い事が多い事に気づきます。