ソラーカーの設定

ソラーカーを製造  Aタイプ 全長338cm、全幅150cm以内、車重350kg以内 モターの馬力30馬力 最高速度70㎞以内 ボデーはアルミニーム合金パイプフレーム+プラスチック+ポリカーボネート のボディ+カーボン、クロームモリブデン、チタン、マグネシウム、、ウレタン、ステンレスの複合材で製作する。構造はバイクと車のミックスにする事で軽量化を測りリーザブルな価格設定にする。バンパーウレタン Bタイプ 全長318cm、全幅145cm以内、 モターの馬力25馬力 最高速度60㎞以内 車重300kg以内 バッテリーの満タン時の走行距離80㎞ 曇り雨の時は電気自動車用の電源で充電可能。 乗車定員は2名

税金は軽自動車の50%セントの設定にする。究極のエコカーの増進を増大させる、政策決定が大事です。構造と部品点数が少なく、車検は4年に1回、12年目にする。13年目以後は3年に1回にする。車検制度による税収とガソリン税の税収等の減収を考える政府と行政と利害関係人には、政策の決定は出来ない提案で、行政の解体が必要です。

大手の車の製造会社だけでなく、中小企業も制作できる事と進出しやすいです。

今の政府と行政と利害関係人と自動車製造会社では、実行できない、政策の提案です。一般市民の選択肢が増える事とコストパフォーマンスが高く、維持費は安くつきます。化石燃料の消費と二酸化炭素の排出の減少効果が高く、社会貢献の達成率が高いです。一般市民の事を本当に考えるのであれば、即刻実行する事ができるはずです。

電気自動の電気は火力発電、ガス発電等の化石燃料を使用しています。水素自動車は水素を作る時に 化石燃料と電気を使用 しています。