電動バイクの推進

電動バイクの規格変更が必要です。ガソリンのスクター、バイクに比べて、明らかに規格が劣る設定になっています。電動バイクの普及の妨げになっています。一種原付登録の電動バイクは現状では私生活に使用する、要件を満たしていません。政府と行政と利害関係人は電動バイクと電気自動車の推進と普及を充実する事を理解していないです。電動バイクは4大メーカー以外の企業も製造と開発と販売がしやすいです。競争力による経済発展効果も発生します。政治献金とガソリン税と天下り先企業等の規則設定の私腹を肥やす事に固執した政策設定を実行する事を最優先にしているからです。下記の事を実行する事で市民の生活向上と社会の発展の効果を発生します。温暖化の減少と化石燃料の使用減少が実現できます。日本は化石燃料の輸入量は90%セント以上です。

一種原付登録の電動機の出力が定格出力0.6kWは0.8馬力、(最高出力で1.5kW程度)最高出力は(2馬力) 坂道でほとんど登れない現象とモーターの出力不足によるオーバーヒート現象がおきます。一種原付登録で最高出力3kW前後のガソリンエンジン車 は4馬力から4.5馬力 スクターです。 小型自動2輪車 0.6kW超1kW以下 1kW超20kW以下のものは普通自動二輪車、20kW超のものは大型自動二輪車の規格です。

一種原付登録の電動機の出力が定格出力3kWは4.02馬力(最高出力で5kW程度) は最高出力は6.70馬力 実質走行距離は60㎞以上  現在の49ccのスクター4.5馬力 過去の49ccのバイクは7.2馬力 小型自動2輪車の電動機の出力が定格出力5kWは最高出力は6.70馬力超 (最高出力で15kW程度)は最高出力20.11馬力以下  実質走行距離は100㎞以上 現在の124ccのバイクは15馬力です。スクター12.5馬力 15kW超60kW以下のものは普通自動二輪車、(最高出力で60kW程度)は最高出力80.46馬力以下 実質走行距離は150㎞以上 現在の249ccのバイクは45馬力です。399ccのバイクは56馬力です。 60kW超のものは大型自動二輪車の規格です。(最高出力で60kW)は最高出力80.46馬力以上 999ccのスポーツバイクは210馬力以上 実質走行距離は200㎞以上 世界での販売も考慮しました。モターは水冷とする 電池はカセット式にする。冷房システム付 1本から3本にする。CVT又は3速から4速のミッションを組み合わせる。走行距離を延ばせる事と、消費電力を低くします。